サザエさんの新スポンサーはどこ?オープニング曲と歌詞変更?

サザエさんのスポンサーの東芝は2018年3月に撤退することになりました。そこでいち早くやる気満々で名乗りに出た高須クリニックの高須院長やLINE取締役の増田淳氏などが候補でありましたが、惜しくもスポンサー入札で落札することができませんでした。

 

そこでサザエさんの新スポンサーはどこになったのと波紋が広がり、ソフトバンク、楽天、日立などが候補であがっていました。

 

しかし予想とは違った大企業が入札しました。高須クリニックは何故入札できなかったのでしょうか。また、新スポンサーになったらサザエさんはどこか変更点があるのでしょうか。

 

では早速、探っていきたいと思います。

 

サザエさんの新スポンサーは「Amazonジャパン」「西松屋チェーン」「大和ハウス工業」

 

通販大手サイトのアマゾンジャパンがスポンサーになったことでサザエさんが三河屋さんに注文する時アマゾンプライムが出てくるのでは?サブちゃんの今後が心配!とネットで疑問が湧いています。

 

 

また、テレビの表示はこのようになるのかともありますね。

 

 

 

あと、アマゾンがスポンサーになるということはAmazonプライムビデオにサザエさんシリーズの過去作を動画配信されるのも期待されます。

Sponsered Link

次にベビー用品専門の西松屋チェーンと大和ハウス工業です。

 

 

このようにネットでは高須クリニックの新CMが観たかった、サザエさん一家のエステは観たくないなど賛否両論あります。

 

それに比べ、西松屋チェーン、大和ハウス工業でもこんな声があがっています。

 

 

テレビの表示では

 

 

 

 

いろんな声や期待があるなか、今後の新スポンサーによりサザエさんが進化するのか見どころ満載ですね。

 

Sponsered Link

高須クリニックは何故入札できなかったのか

 

高須院長はつい先日、「昭和天皇独白録」を個人で落札しました。

 

これは、昭和天皇が戦前、戦中の出来事に関して1946年(昭和21年)に側近に対して語った談話をまとめた文書です。

 

その原本がニューヨークで競売に掛けられ、高須院長は手数料含め27万5千ドル(約3090万円)で落札されたのですが、その金額にただただビックリと感じました。

 

他にも、高須院長の寿司の食べ方がヤバいとネットで話題になりました。

 

⇒高須院長の寿司の食べ方動画はこちら

 

Sponsered Link

このような事から、高須院長はお金に関してや行動が豪快で、サザエさんのイメージである国民的アニメのスポンサーには観点がずれていたのではと感じます。

 

スポンサーは入札方式とありましたが金額の問題で決まったのではなさそうですね。

 

⇒サザエさんのスポンサー料金についてはこちら

 

まとめ

 

サザエさんの新スポンサーが決定したことで、今まで親しまれてきた、誰もが口ずさむことができるオープニング曲や歌詞が変更されるのかが今後の見どころですね。

 

今までスポンサーの東芝が降板することは残念です。

 

東芝がスポンサーであっても、東芝の代表作ともいえるレグザがありますが、番組内ではブラウン管テレビを使用している昭和の雰囲気のアニメなので、スポンサーが変わってもサザエさんのイメージが変わることなくそのままのブランドでサブちゃんも今のまま続いてほしいですね。

 

以上です。

ありがとうございました。