RISING SUN ROCK FESTIVALの初心者の服装対策や持ち物は?

RISING SUN ROCK FESTIVAL2019 in EZO

 

8月16日金曜日の10:00から8月18日日曜日5:00

 

に開催されます。

7月に苗場スキー場で行われるFuji Rock Festival(通称フジロック)に対して、北海道の石狩埠頭で行われるRising Sun Rock Festival は通称エゾロックと呼ばれます。

そしてエゾロックへ参戦する人々をエゾロッカーと呼びます。

 

初めての野外フェスが思い切り楽しむにはいろいろと準備や気になることもありますよね。

 

イベント開催地が北海道ということもあり、服装も天気によっては温度差があるので気をつけなければいけません。

 

他にも、持ち物だったり注意することだったりとあると思います。

 

そこでRISING SUN ROCK FESTIVAL初心者対策としてより楽しめるポイントとをご紹介します。

Sponsered Link

RISING SUN ROCK FESTIVALのテントサイトやアーティスト情報

 

引用元:https://l-tike.com/concert/rsr/

 

RISING SUN ROCK FESTIVALのテントサイトやアクセス、アーティストの詳細情報はこちら

 

 

RISING SUN ROCK FESTIVALでBBQ!?

https://twitter.com/FM802_MG/status/1135944507562741760

 

エゾロックの魅力はなんといっても北海道のスケール感。

 

遮るものがない広大な土地で行われるロックフェスティバルですから、開放感抜群です。ステージ間の移動はそこまでのアップダウンはありません。

 

山の中で行われるフジロックに比べると嬉しい点ですね。

 

また、美味しいフードブースもたくさんあります。個性あふれる店舗で北海道の海の幸、山の幸を堪能できます。キャンプエリアではBBQも楽しめますが、必ずしもBBQは必要ありません。

 

それほど充実したフード店舗があります。

 

RISING SUN ROCK FESTIVALの初心者の服装対策の注意点は?

https://twitter.com/FM802_MG/status/1135965739431604225

 

初心者対策の注意点があるとすれば、それは防寒対策はしっかりしよう!ということです。

 

北海道を舐めたら痛い目見るぞということでしょうか。

 

エゾロックの開催は8月の第3金土とほぼ毎年恒例なのですが、お盆を過ぎた8月の北海道は秋と思った方が良いです。

 

天気に恵まれると確かに真夏なのですが、お日様が出ない場合は8月と言えどもものすごく寒いです。

 

そして忘れがちですが、会場は石狩埠頭、海が近いのでとても寒くなります。

 

また、2日目の土曜日は朝日を迎えるまで夜通しLIVEが行われています。夜になった途端これまたものすごく寒くなります。暑い場合は脱げばいいので何とかなりますが、寒さはどうにもなりません。

 

ですから、大袈裟ではなくインナーダウンなどの防寒はマストです。ダウンなどを着ている人も多く見かけます。

 

暑さ対策もそうですが、寒さ対策も忘れずに。がベターです!

Sponsered Link

天気も晴れと雨、両方の対策も忘れてはいけない

 

会場内は干し草や藁が敷き詰められているエリアもありますが、基本その下は土です。土埃がすごいです。

 

そしてそれが雨が降るとぬかるみに変わります。田んぼを歩いているような状態になります。

 

多少荷物になりますが、長靴はあったほうがいいと思います。

 

サンダルでどうにかなるという考えもあるかとは思いますが、雨が降ると当然気温も下がりますし、ぬかるみをサンダルで歩く不快感はなかなかのものです。そして寒いので長靴がオススメ。

 

RSRの経験者がしてきた計画と必需品のポイント3つ

今までなんどかRSRを経験してきましたが、以下は私の経験をもとにポイントを3つほどあげておきます。

あくまでも参考までに・・・

1、100円玉を複数枚用意

出演アーティストの缶バッチガチャもエゾロック名物です。お目当のアーティストが出るまで回すのも楽しいものです。

 

2、旗、ガーランド、風船、とにかく目立つもの

これはテントサイト参戦する方にオススメ。テントサイトはとにかく広くて似たようなテントがたくさん設置されています。自分のテントがどこか迷子にならないように自分のテントの目印として目立つものがあると便利です。

 

3、自分のタイムスケジュールを立てよう

 

これが意外と大切です。複数のステージで同時にいろいろなバンドがLIVEを行っているので、どこにいてもLIVEは観られます。

 

しかし、どこでもやっているからと行き当たりばったりで見ていると本命アーティストの出演時間が迫っていて移動に間に合わない!!ということも起こります。

 

ですので、絶対観たいアーティストの出番は押さえておきましょう。

 

人気のアーティストは余裕を持ってステージ会場まで行きましょう。場合によっては入場制限がかかって中に入れないということもあるので注意が必要です。

 

まとめ

RSRをせっかく北海道までいって楽しむのに心身ともに万全で過ごすためには天気や寒暖差に対応できる服装、持ち物を準備しておくことが大事です。

 

RSRは、ピースフルな雰囲気で音楽漬けになれる貴重な時間を過ごすことができます。2日間楽しんでエゾロッカーみんなでRising Sunを迎えましょう。

 

そして昇る朝日を見て『あけましておめでとう』というのがお決まりのあいさつですよ!

 

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。