iPhone7s iPhone8 発売日や注目のスペックは?

毎年9月に発表される新型iPhoneの情報ですが、2017年も予定通り9月に発表はされるのでしょうか。2017年の新型iPhoneiPhone7siPhone8がリリースされる予定です。毎年気になるポイントとしては、〈発売日〉〈値段〉〈スペック〉ではないでしょうか。そこで2017年8月現在に分かっている情報をまとめていきたいと思います。

 

iPhone7sかiPhone8の発売日は?

新型iPhoneは従来の順番通りiPhone7siPhone8のどちらかになるか、もしくは今年で発売10周年となるためiPhone editionが発売されるのではないかと予想されています。

 

正式な発売日の発表は9月上旬になる予定ですが、今回は大幅なバージョンアップにより量産時期が10~11月の可能性があるため、発売自体は来年になる可能性があります。今年は10周年という記念の年のため、例年通りとはならなさそうで中々予想がしにくいですね。

 

iPhone7sかiPhone8の値段

気になるお値段ですが、本体価格は予想で$1,000~1,100(約119,000円~130,900円)と言われています。ただし今回のモデルはQi互換のワイヤレス充電機能を搭載している為、充電器が別売りとなる見込みです。

別売りとなる充電器は〈従来の普通充電〉と〈急速充電〉の2種類があると言われています。別売りの充電器価格は2種類とも各$200(約23,800円)と予想されます。

Sponsered Link

iPhone7sかiPhone8の注目したいスペック

色々なスペックが予想されていますが、その中でも注目したいスペック7つを紹介したいと思います。

①A11Fusionチップ

②ワイヤレス充電

③有機ELディスプレイ

④TouchIDが画面もしくは電源ボタンに内蔵

⑤顔認証機能

⑥防水性能がUP

⑦ハイレゾに対応

 

 

抜粋した7つのみを記載致しましたが、これだけでも大きく変わることが分かります。中でも①のA11Fusionチップが搭載されることにより、省電力化が可能となりバッテリーが長持ちになります。

 

②のワイヤレス充電が出来ることにより、外出時にコードを持ち運んだり充電ケーブルの破損による買い替えなどの不便さが改善されます。充電中にiPhoneを操作する時の、充電ケーブルのわずらわしさもなくなりますね。

 

iPhone7から充電ジャックとイヤホンが1つになったため、イヤホン使用時に充電が出来なくなっていましたがワイヤレスになることで充電しながらイヤホンを使えることになるのは利便性が上がりますね。

 

⑥の防水性能についてですが、iPhone7から搭載されていた防水機能は機能が低いとされていたため、水没トラブルがありました。しかし今回のiPhone7sもしくはiPhone8から、ついに最高水準のIP68規格をクリアした防水機能が搭載されることになりました。これで水没トラブルの心配もより軽減されるのではないでしょうか。

 

まとめ

iPhone7sもしくはiPhone8(iPhone edition)本体+充電器(別売り)合算予想価格$1,200~1,300(約142,800~154,700円)予想サイズは4.7インチと5.5インチ。今回は過去モデルよりも機能が大幅にUPするため従来より値段も上がる見込みです。値段は高くなりそうですが、その分魅力のあるスペックだと思います。今回も予約が殺到すると予想されるので是非とも手に入れたいですね。

 

また新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。