任天堂がコロプラを提訴した特許侵害の内容と理由は?今後どうなる

スマートフォン向けゲームを手掛けるコロプラは大手ゲームメーカー任天堂からコロプラの大人気ゲーム「白猫プロジェクト」の差し止めと44億円の損害賠償を請求する訴訟を提起されたと発表がありました。

 

コロプラはソーシャルゲームを代表としたゲーム会社で「白猫プロジェクト」はコロプラの代表作と言っても過言ではないスマホゲームです。

 

今回の提訴した内容について5つの特許侵害を提訴しましたが、なぜ訴えられてしまったのでしょうか。

 

「タッチパネルのジョイスティック操作の特許侵害」以外の具体的な内容はあかされていません。一体どんな内容なのでしょうか。理由についても気になるところです。それと、今後の白猫プロジェクトの行方はどうなるのでしょうか。

 

任天堂の特許侵害の内容と理由は?

 

そもそもなんで今回、任天堂は怒ってるの?って話ですが、わかりやすくたとえるとこんな感じです。

 

発表されているのは、タッチパネルのジョイスティック操作との事。

 

これは、白猫プロジェクトのゲームのなかのミニゲームのレースゲームが任天堂の人気ゲーム「マリオカート」とそっくりだということです。

 

たしかにそっくりですよね。

 

もし、このタッチパネルのジョイスティック操作で訴えられているのなら、ほかのスマホゲームのレースゲームも当てはまっているのではと思います。

 

ジョイスティックにしても当てはまるゲームは数多くあると思うのですが・・・

 

そして、コロプラが特許を持っている「ぷにコン」「ぷにぷにしたUIの表示」のみなのに、操作性についてコロプラに権利があるかのような誇大表現していたが、1年以上前に「ぷにコン」の操作面については特許申請しています。

ですがここが任天堂の持っている操作技術特許と似ていると訴えられ、1年以上協議しましたが、結局コロプラ側は特許侵害を認めず、任天堂は訴訟としました。

 

Sponsered Link

ジョイスティックの件の他は?

 

他の特許侵害については詳しい発表がありません。ただ、明らかになっている特許侵害も他の侵害も含めて44億円は相当な金額になります。

 

なぜ、そこまでの金額になるのかは不明ですが、1年もの長い月日で協議していた結果の相当額なのでしょうか。

 

 

今後のコロプラはどうなる?

 

コロプラの会社は冒頭でも言いましたが、大手のゲーム会社の任天堂と比較すると、ソーシャルゲームの会社という会社自体の規模的には任天堂に正直劣ります。

 

真っ向から立ち向かっては太刀打ちできないかもしれません。44億も素直に払えるとも思えませんしね。

 

ですが、テレビのCMなどで白猫プロジェクトはよく放送されていますし、収益も大きいでしょう。

 

白猫プロジェクトが廃止されて、無くなることになればコロプラも黙ってはいないと思うし、ユーザーの反対もあるでしょう。

 

個人的には、双方で和解の方向に進むみちを進んでほしいと思います。

 

Sponsered Link

まとめ

 

特許侵害というとむずかしいですが、わかりやすくまとめると、任天堂が無料で提供していた技術をコロプラが盗んで自分のモノのように表現し、その特許のお金で他のゲーム会社からお金をふんだくろうとしたのではないか。

 

そして、それを見越した任天堂がたまらなくなり怒った。という見解ではないかと判断します。

 

今後、コロプラは「ぷにコン」の特許を取り下げるか、白猫プロジェクトを完全に消去する行動をしないとゲーム界を生き残れなくなるかもしれません。

 

あと、コロプラの反撃体制もあります。

 

 

 

今後の行方が気になります。

 

以上です。

ありがとうございました。