日本テレビのチャリティ番組である「24時間テレビ」はチャリティをうりにしている番組です。出演しているタレントもノーギャラだったり、寄付したりと・・・にも関わらず、出演者のタレントにはしっかりとギャラは支払われている模様。そのギャラの金額にビックリ!!ネット上に情報がもれて大炎上しています。はたしてその実態は!?

Sponsered Link

 

24時間テレビの出演料は?

 

基本は「24時間テレビ」はチャリティ番組となっているのは、ご存じの通りですが、実際はノーチャリティだという事が、ネット上で拡散されています。主にTwitterでのツイートで「24時間テレビってギャラはあるの?」「出演者のタレントはどれくらいギャラもらってるの?」と書き込みされています。

 

ネット上の情報による各タレントのギャラ

萩本欽一さん  2000万円
DAIGOさん   1000万円
ジャニーズ系  1000万円
松下奈緒さん  1000万円
大島美幸さん  1000万円
はるな愛さん  700万円
羽鳥慎一さん  500万円
上戸彩さん   500万円
加山雄三さん  200万円
谷村新司さん  200万円
障害者の人たち 無料もしくは謝礼程度

 

こんな高額なギャラが動いているのにチャリティ番組と名乗れるのか疑問です・・・

 

出演されているタレントの中には、ギャラの一部を寄付したり、全額を寄付したりという声はあがるが、実態はハッキリしていません。

 

日本のチャリティ番組と海外のチャリティ番組の違い

アメリカで40年以上続いている超老舗チャリティ番組『レイバーデイ・テレソン』では、コメディアンの大御所で知られているジェリー・ルイスが毎年司会を務めていますが、ギャラは1ドルも支払われない。豪華ゲストも同様で、セリーヌ・ディオンやマドンナ、テルマ・ヒューストンなどの大物がノーギャラで歌っています。

フランスでも、民放の「フランステレビジョン」がこれを真似た番組『テレソン』を、1987年から20年以上続けていますが、出演する芸能人は全員がボランティアで出演しています。

 

かつて「24時間テレビ」に出演した帰国子女である西田ひかるさんも、「まさかギャラが出るとは思わなかった」、「日本式のチャリティ番組に呆然」としたそうです。

Sponsered Link

日本での老舗チャリティ番組「24時間テレビ」のノーチャリティが情報通りなら、ノーギャラではなくギャラが発生している番組となります。この情報が本当なら海外のメディアが知ったらなんて思うか計り知れません。日本は海外からはどのように映っているのでしょうか。

 

「アメリカでもしジェリー・ルイスがギャラをもらっていたらそれはもうスキャンダルだね(笑)。かつてインド洋津波被災者のための『ツナミ・エイド』が放送されたときも、マドンナやハリウッドセレブ達が全員ノーギャラで参加をしていたし」

「絶対におかしい! フランスの『テレソン』もタレントがたくさん出るけど全員が無償参加。番組で発生するお金は極力チャリティに使われるべきだよ」

「みんな無償で出演しているとばかり思っていたからショックだよ。でも本当に? 交通費とかじゃなくて?」

日刊サイゾーより引用

 

海外のメディアからは批判の声や、信じがたい声などがあがっています。

 

 

なぜ24時間テレビを本当のチャリティ番組のできないのか

 

日本のチャリティ番組では、「日テレが広告収入を得ていることを関係者全員が知っているため、収益があるのにギャラが出なければタレントが不満を抱くのは当然という理屈だ。CMをなくして全員が無償という申し合わせを徹底さえすれば、タダでも出るという芸能人はいるはずだ」と、関係者は語っています。

 

CMを流さなければスポンサーはつきにくくなり、制作費が作れなければ番組は維持できません。日本のタレントがノーギャラで出演してくれるかもわかりません。番組が成り立たないというのであれば、無理して続けずに別の方法を考える必要があるのではないでしょうか。

 

まとめ

以前に、ビートたけしさんは、

「ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティっていうくらいならおまえら全員ノーギャラで出ろよ!」

とおっしゃっており、周囲の方から喝采を浴びました。

 

日本を代表する国民的チャリティ番組である「24時間テレビ」を健全なチャリティ番組として放送する日はくるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Sponsered Link