新木優子のiphoneケースとバッグのメーカーは?コスメや素顔も!

女優やモデルとして活躍している新木優子さんの所有しているiphoneのケースやバッグがインスタグラムにあがっていますが、それが可愛いと評判になっています。

 

今回は、そんな新木優子さんの持ち物やナチュラルメイクの道具、そしてメイク方法などもチェックしてみました。

 

芸能人の使っている持ち物をシェアすることで得意げに自慢しちゃいましょう。

 

それでは早速いきましょう。

 

iphoneケースとバッグはどこのメーカー?

 

新木優子さんが使用しているiphonケースは「Ajew」のものです。

 

友人の馬場ふみかさんとお揃いの写真をインスタに掲載していて色は黒、レザータイプのおしゃれなスマホケースです。

 

 

さらに新木優子さんが愛用しているバッグは、ロエベのハンモックバッグです。

世界中のセレブに大人気のブランドバッグで、さまざまなバリエーションがあるなか、彼女が選んだのはドット柄です。

 

シンプルでありながらも、個性的な要素をあわせもつ製品で、洋服のアクセントにもおすすめのデザインです。

 

大きさも程よく大容量となっているので、日常使いに最適です。

 

こちらのドット柄は限定モデルですが、基本のベースモデルも普段のどんな着こなしにも最適なバッグとなっています。

 

 

彼女はこちらのバッグのなかにお菓子、化粧ポーチ、ゲーム機、財布を入れています。ちなみにポーチはドラえもんです。

 

 

ロエベのハンモックバッグは季節を問わず使えるので、ひとつ持っておくと便利です。彼女のインスタにも愛用品が掲載されているので、ぜひ確認してみてください。季節ごとのおしゃれを楽しめます。

Sponsered Link

性格や素顔を知りたい

 

新木優子さんはご自身の性格を「クールで男っぽい」と分析しています。

 

芸能界という環境も影響しているようで、かなり負けず嫌いな一面を持ち合わせています。

 

周囲から見る彼女の印象は、はっきりとした自己主張の強い女性で、イエスノーがはっきりしているので、少々わがままにも見える側面もありますね。

 

恋愛に関しては肉食系と断言していて、中学生のときに同じひとに3回告白をして3回振られたとのエピソードを披露しています。ちょっと信じられませんけど・・・

 

一見かなり強い性格で近づきがたいイメージがありますが、彼女のブログではファンとの交流をうかがえますし、ファンからの質問に丁寧に答えるなど真摯な対応でファン想いの優しい女性に感じます。

 

そんな肉食系の新木優子さんの恋愛事情ですが、現時点では彼氏はいません。

 

彼女は恋愛はしたことがないと素直に述べていますが、こんな素敵な女性なら男性もほっとかないのではと思ってしまいますね。

 

彼女の性格や素顔により触れたいかたは、インスタやブログなどをフォローすることをおすすめします。意外な素顔が隠されているかもしれませんよ。

 

Sponsered Link

メイクの仕方やコスメは何を使ってる?

 

#nonno オフショット☺

新木優子さん(@yuuuuukko_)がシェアした投稿 –

 

ファッションモデルというだけあって化粧の仕方や道具にはこだわりがあり、知的な印象になるよう仕上がりを想像している様です。

 

眉はルナソルスタイリングアイゾーンコンパクトの濃い2色のみ使用で、キッカエンスローリングアイブロウジェルです。

 

 

アイシャドウはコフレドールアイカラーBK-06。引き締め色を使うと、よりクールな印象に仕上がります。

 

 

アイラインはケイトスーパーシャープライナーEXを使用していて、漆黒ブラックでまつ毛の隙間を埋めます。

 

目じりは長くのばさず自然な位置に留めましょう。

 

 

マスカラは、コフレドールWカラーマスカラ&ライナー02です。

 

 

 

黒のアイシャドウに対しマスカラは色鮮やかな製品を選びましょう。

 

ほどよく抜け感が出るので女性らしさがあります。

 

マスカラは上よりも下に重点を置いてください。

 

 

口紅はケイトカラーハイビジョンルージュRD02を使用しています。

 

くすみ赤の色はとくに冬の洋服と相性が良いです。

 

まとめ

ナチュラルメイクですっぴんも可愛い新木優子さんの使用しているコスメや、私物のバッグ、iphoneケースはとても魅力があり、思わず購入してしまいそうですが、バッグは少々値段が高いので、ご褒美などにいかがでしょうか。

 

ノンノモデルや女優としても幅広く活躍している新木優子さんのおしゃれセンスにはこれから必見ですね。

 

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。