諫山創はイケメンの天才!?アシスタントは彼女?本名や年収も

ロングセラーで大人気漫画の「進撃の巨人」。

 

漫画は知っているけど原作者は誰だっけ??って人も多いと思います。

 

その進撃の巨人の原作者は「諫山創」(いさやまはじめ)です。

 

この名前、私は最初読めませんでした。ついハンドルネームかと思ったのですが、

 

本名なのでしょうか?

 

またデビュー作の進撃の巨人の大人気ぶりに収入の方もすごいのではないかと・・・

 

まさに天才といえますね!

 

しかもイケメンとくれば女子も放っておかないはずです。彼女も気になるところですね~。

 

そんな諫山創さんをチェックしてみました。

 

それでは早速いきましょう。

 

 

諫山創さんのイケメン天才の経歴

 

 

2006年 講談社のMGP(マガジングランプリ)に「進撃の巨人」で佳作を受賞。

 

2008年 「HEART BREAK ONE」で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞。

 

また「orz」で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。

 

2009年 「別冊少年マガジン」にて「進撃の巨人」の連載を開始する。

 

2011年 「進撃の巨人」で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。

 

諫山創さんは進撃の巨人がデビュー作だったんですね!

 

デビュー作でこんな大人気の漫画が作れるなんて驚きですの一言です。

 

巨人が人間を食べる漫画なんて発想は諫山さん以外誰も思いつきはしませんよね。

 

まさに天才です。

 

おまけにイケメンときてますから諫山創先生、最高です。

 

 

結婚はしてる?

 

諫山創さんは1986年8月29日生まれの32歳(2018年11月現在)の若さでありながら、結婚していてもおかしくない年齢ではあるのですが、結婚はしていないようです。

 

元アシスタントは彼女!?

 

元アシスタントの「やまもとありさ」さんと交際しているのでは!?との噂はありましたがあくまで噂の状態で話が膨らんでいたみたいです。

 

本人いわく、今は漫画の執筆やら何やらで多忙なので彼女や結婚などは考えていないようです。

 

Sponsered Link

諫山創は本名?wiki風プロフィール

 

 

 

  • 名前     諫山創(いさやま はじめ)
  • 生年月日   1986年8月29日
  • 年齢     32歳(2018年11月時点)
  • 出身地    大分県日田市(旧大山町)
  • 高校     大分県立日田林工高等学校
  • 最終学歴   九州デザイナー学院 マンガ学科
  • 趣味     格闘技を観戦
  • 好きな芸能人 ももいろクローバーZ

 

諫山創さんは空いている時間などにネットで自作の評価や評判をチェックしているそうで、ファンからの感想の投稿や意見などを作品の参考にしている事もあるみたいです。

 

名前の諫山創も本名なんですね~。

 

私のまわりには諫山さんはいないのでビックリしました。

 

 

進撃の巨人キャラクターラベル梅酒の入手は必須!?

 

諫山創さんの実家は大分県日田市大山町にある梅の栽培農家を営んでいます。

 

2014年には地元の大山町で実家の梅を使用した「進撃の巨人キャラクターラベル梅酒」が販売されました。

 

 

TV番組「情熱大陸」でも諫山創さんの特集が放送され、地元の大山町も撮影されたそうです。

 

この進撃の巨人のキャラクターラベル梅酒は、飲むのも良し!部屋にインテリアとして飾るのも良しです!

 

情熱大陸放送後は売り切れ必須なので進撃の巨人ファンなら在庫があるうちに是非ゲットしましょう!

 

 

 

年収がヤバい数字になってる

 

 

 

諫山創さんの年収はいくらなのか気になりますよね。

 

進撃の巨人の発行部数は2018年時点で7,100万部を超えています。

 

漫画本1冊の印税が約30円と言われているので、本の印税収入は

 

「21億3千万円」

 

もう数字の規模がヤバいです!

 

年収にすると約2億は超えているかと・・・

 

他にも進撃の巨人のアニメや映画、グッズ、実写映画もあるのでそれらもろもろを含めると17億は固いなと感じられます。

 

Sponsered Link

まとめ

 

諫山創さんは、子供の頃は漫画家になるなんて思ってもみなかったみたいです。

 

実家の父親にも漫画家になることを反対されていたみたいですが、今となってはご自分のブログなどにも紹介しているので仲良くしているのでしょう。

 

結婚や彼女の噂はまだまだ先の話になりそうですが、まだ30代の若さですしイケメンなのでこれから本番でしょうか?

 

デビュー作でこんな大人気漫画を作ってしまう天才は、次はどんな作品で挑んでくるのか発表が楽しみですね!

 

以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。