稲荷兄弟の凌と俊の素顔は?プロフと炎上した動画についても!

最近、女子高生の間で話題になっている仮面系YouTuber「稲荷兄弟」

 

チャンネル名の通り、兄弟でやっています。

 

兄弟YouTuberというのは珍しく、兄弟だからこそできるネタや、やってみた系の動画を投稿しています。

 

今回は、そんな稲荷兄弟の魅力、気になる情報をまとめました。

 

ぜひ、ご覧下さい。

 

では早速いきましょう。

 

稲荷兄弟とは

出典:YouTubeチャンネル

 

YouTubeチャンネル:稲荷兄弟

サブチャンネル:稲荷兄弟の日常

Twitter:@Inari_official

 

赤い狐のお面を被った兄青い狐のお面を被った弟の二人グループです。

 

兄弟でYouTuberをするグループチャンネルというのが、とても珍しいです。

 

ジャンルはやってみた系で、真の兄弟だからこそできる掛け合いやイジり合いがとても面白いです。

 

2018年2月段階で、まだチャンネル登録者数が5万人で有名YouTuberにはまだまだ届きませんが、オフ会ではたくさんの人を集めたりと熱狂的なファンが多いです。

 

動画によっては、再生回数55万回を超えていたりとなかなかの実力を持っています。

 

さらにおるたなchさんの動画に出ていたり、ノーブランドさんとコラボしたりと有名YouTuberの動画に出演しているので、これからももっと多くの人の目に触れ、さらに有名になっていくと思います。

Sponsered Link

兄 凌さんのプロフィール

 



誕生日:1994年4月18日
身長:172cm
趣味:アニメ 読書 ドラム

イメージカラー:赤

Twitter:@inaribro_RYO

 

インドア派な、ラブライブの南ことりちゃんをこよなく愛すお兄ちゃんです。

ドラムが上手で、サブチャンネルに演奏動画が投稿されています。

動画では、やられ役や弟のボケにツッコミをいれることが多く、しっかり者な性格をしています。

 

【ドラム】全く身にならない日々叩いてみた【全身デイズ】

 

 

弟 俊さんのプロフィール

 

誕生日:1996年1月28日
身長:170cm
趣味:スポーツ 食べる事

イメージカラー:青

Twitter:@inaribro_SHUN

 

アウトドア派な、脳筋キャラの弟です。

兄の凌さんとは対照的に、体を動かすことが好きで運動神経が良いです。

動画ではボケることが多く、ドッキリ動画や兄へのイタズラが多く、子供っぽいイタズラっ子な性格をしています。

 

二人の素顔は?

 

仮面越しでもイケメンだと分かるお二人ですが、実際の素顔はどうなのでしょうか。

 

兄の凌さんは、Twitterで仮面を外した姿を公開しています。

 

 

ですが、全て口元を隠しているので顔全体がわかる画像はありません。

 

それでも、凌さんのイケメンさが良く伝わってきますね。

 

しかし、弟の俊さんは仮面を外した写真を公開していません。

 

Twitterに上がっている自撮りは全て、仮面をつけています。

 

今後、素顔の公開が無いか楽しみですね。

 

Sponsered Link

稲荷兄弟のおすすめ動画

 

【新人】1分で分かる!「稲荷兄弟」【Youtuber】

 

 

初めて稲荷兄弟の動画を見る人にはこちらをおすすめします。

過去動画の稲荷兄弟らしいシーンがつまっていて、稲荷兄弟について簡単に説明しています。

また、オチも稲荷兄弟らしいオチなので見れば稲荷兄弟の動画の雰囲気がつかめると思います。

 

【BL】実の兄弟でガチのポッキーゲームした結果…www

 

腐女子向けの内容ですが、実際に見てみると兄弟同士の掛け合いやノリが楽しく思わず笑ってしまいます。

普段の雰囲気とは違いますが、癖の強いツッコミどころ満載の動画です。

少々のBL要素に抵抗がなければぜひ、見てみてください。

 

【心霊】撮影中に突如怖すぎる映像が映りこむ放送事故【閲覧注意】

 

 

YouTubeで今までになかった、高い発想力のある動画です。

どんな内容かは、見てのお楽しみです。

すごく怖くて眠れない!とまでは言いませんが、結構ビビッてしまうような映像でした。

ホラーが苦手な人、心臓の弱い人は注意が必要です。

まとめ

 

稲荷兄弟の魅力は伝わったでしょうか。

 

私の友達の間でも話題になっていて、動画をみたのがきっかけにハマってしまいました。

 

今では毎日動画をチェックしています。

 

面白くて、かっこいい。

 

そんな稲荷兄弟の動画をぜひ見てみてはいかがでしょうか。

 

以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。