能年玲奈さんは、モデル、女優、CMとテレビをつければ「よく見るなぁ」と思うほどの大人気の女性芸能人でした。

 

ですが、ある事をきっかけに「能年玲奈」から「のん」に改名するまで、しばらくバッタリとメディアから姿を消しました。

 

それは、事務所との間で問題が発生したため、芸能活動ができなくなってしまったからです。

 

芸能界から干されたのか?とも噂があったのですが、しばらくしてから「のん」として芸能活動を開始して、着々とメディアに取り上げられるようになりました。

 

今回はそんな「のん」さんの新たなる才能のひとつである声優について、そして事務所問題と洗脳についてもフォーカスしたいと思います。

 

それでは早速いきましょう。

Sponsered Link

能年玲奈『のん』経歴

 


1993年に兵庫県にて誕生し、当時ニコラモデルの新垣結衣さんに憧れて2006年に、ニコラモデルオーディションでグランプリを受賞しました。

 

それと同時に女優デビューを果たした能年玲奈さん。

 

透明感が感じられるその容姿から、2012年にはカルピスのテレビコマーシャルに採用されました。

 

 

それから映画『カラスの親指』では、役を演じる為に髪を20センチも切り、それから髪型はショートになりました。

 

可愛いからどんな髪型でも似合ってしまいますね。

 

少し前に撮ったから、髪が長い🕊

のんさん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿 –


そして「能年玲奈」という名前と人物を最もメジャーにするきっかけになったのが、NHKで連続放送されたテレビ小説「あまちゃん」にてヒロインとして抜擢された事です。

Sponsered Link

事務所とのトラブル問題は何?洗脳?

 

女優「能年玲奈」として、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍しており、あまちゃんの放送終了後には、よりいっそう目覚ましい活動が約束されていると誰もが考えていたものの、実際に待ち受けていたのは想像していなかった現実でした。

 

何よりも証拠となるのは現在の能年玲奈さんのメディアへの露出の機会であり、熱心に動向をチェックしているファンでさえも、近頃、能年玲奈さんをテレビや雑誌などで目にする事ができたという方は多くありません。

 

一時期はあらゆるテレビ番組や雑誌などのメディアに引っ張りだこであったのに、突然、姿を消してしまったのは、所属していた事務所とのトラブル問題が関係しています。

 

芸能人は芸能プロダクションと独占的に契約関係にある事から、事務所に在籍しているのに他の芸能プロダクションとも契約するという事は許可されていません。

 

能年玲奈さんは他の芸能プロダクションとの間で契約を結ぶという事は行っていなかったのですが、個人的に「non」という新事務所を立ち上げた上に自身が代表になったので、実質的に禁じられているご法度をしてしまった事になります。

 

当初、そうした事務所問題は能年玲奈さんの性格が天然であるが故に行われたと捉えられていましたが、実は演技指導を目的として常に近い距離で指導してきた滝沢充子さんが、無知な能年玲奈さんを誘導したのではないかと言われました。

 

しかも、能年玲奈と演技指導をしている滝沢充子さんとの関係性は眉唾ものであり、事務所側がお伝えする内容よりも女性が言う事柄を重要視するといった様子であったため、洗脳されているという情報が一気に駆け巡りました。

 

ですが、本当の原因は洗脳ではなく、ギャラの問題が一番だと報じていますね。

 

「あまちゃん」の撮影中の給料は5万円しかもらえず、寮生活で乾燥機が壊れた時には服を洗濯することもできず、かなり困っていたそうです。

 

ブレイクしたにも関わらず給料が5万円はとてもじゃないけど仕事と給料のバランスが悪すぎですよね。社会人であれば即転職します。

 

のんに改名したのは、理由があるから

 

改名したのも前事務所であるレプロエンタテインメントの在籍中に名乗っていた「能年玲奈」は本名にもかかわらず、「のん」として名乗ることしかできません。

 

本名を名乗れないって本人にとってもファンにとっても、悔しいのではと感じます。

 

テレビ業界としてはたとえ強い人気があるとしても、洗脳の疑いがある人材を出演させる事はリスキーであるため、事務所問題による事務所の圧力でメディアから姿を消した可能性もあります。

 

そのため、そうした能年玲奈さんは「のん」として姿を見せない声優という形で仕事復帰し始めており、洗脳問題と事務所問題も含め今後の動向が注視されています。

Sponsered Link

「のん」に改名後は現在は声優と歌手としても活動

 

のんに改名してからは、映画「ホットロード」がテレビ放送されて久しぶりのテレビ出演となり、インスタも始めLINE LIVEも始めました。

 

そして劇場アニメ「この世界の片隅に」の声優初出演ですず役を演じ、監督からは大絶賛を受けるほどの名声優となりました。

 

この世界の片隅にについてはこちら

 

また、CM「福祉のプロになる。」をYouTube「EDOSENチャンネル」で公開されております。

 

声に定評があることから歌手としても活動していき、2018年5月9日には「KAIWA(RE)CORD」より、「のん」のファーストアルバムとなるCD『スーパーヒーローズ』が発売されます。

 

本人のコメントです。

 

これは楽しみですよね!

 

ぜひ予約しておきましょう!

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

能年玲奈さんが事務所トラブルで芸能界から消えたのではないかと心配していましたが、のんとして更なる活動を元気に、そして気持ちよさそうにしていると現在の方がいきいきとしていて良かったのではないかと思います。

 

女優から声優、歌手と幅広い演出をこれから繰り広げていってほしいですね!

 

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Sponsered Link