インターネット上で今、『現代の魔法使い』と呼ばれる異能の科学者である一人の日本人研究者が話題になっています。その名前は落合陽一。現代の天才と称されています。

 

その天才と言われている落合陽一さんの特集が11月19日にTBS系のドキュメンタリー番組『情熱大陸』で放送されます。

 

落合陽一さんがなぜ天才と言われているのか、プロフィールや経歴、作品そして、気になる家族の子供の存在など・・・そして今回放送される「情熱大陸」の動画を見逃してしまった人の為にお伝えする、民放のテレビ以外で大阪地方以外でも情熱大陸ほかMBS毎日放送を観る方法などを紹介したいと思います。

Sponsered Link

 

落合陽一は天才!?父もすごい人物

 

誰もが発想しないと思われる「着る音楽」が体験できるジャケットや超音波で空中に描く絵画、触れることができる光など、空想やCGでしか実現できなかった次元のことをコンピューターのチカラで具現化するという作品を発表し、「現代の魔法使い」とも称されています。

 

今まで誰も見た事のない装置やアートを開発している落合陽一さん。父は有名な国際政治ジャーナリストの落合信彦さんです。テレビのCM等にも出演経験がありいろいろなジャンルで活躍されています。

 

特にすごいのが、父である落合信彦さんは、ドナルド・トランプ現大統領とも関係があり、以前にはブラックマンデーの直前に持ち株を全部売るようにと投資のアドバイスをしトランプ大統領の損害を抑えたという立役者でもあります。

 

 

落合陽一さんの妻の詳細は公表されていませんが、歳は落合陽一さんの1つ年上で本人の講演会で出会い、結婚されました。水川あさみさんに似ていますね。男の子の子供にも恵まれました。

 

また、ホリエモンこと堀江貴文さんともお友達だそうでかなりの交友関係の幅はあるようですね。

 

 

 

話を天才にもどしましょう。

 

 

落合陽一さんは物理的な事をコンピューターのチカラで現実の物にしてしまうのは、まさに現在のテクノロジー時代を生き抜く天才といわれても過言ではないでしょう。

 

幻想的な発想は「現代の魔法使い」の名前の由来のとおり普通では考えられない発想の仕方を物として表現しています。

 

例えば子供の頃から好きだったという『シャボン玉』をディスプレイにして映像を出してみたり、光や空中に絵を描いてみたりと独創性の塊の発想力がうかがえます。

 

そんな天才と言われている落合陽一さんですが弱点もあります。それは以外にも英語が苦手で英語をしゃべる時はボビーオロゴンとアグネスチャンとデーブスペクターでしゃべっている感じだと本人はおっしゃっています。出川イングリッシュみたいなものでしょうかwww

 

こんな弱点をきくと人間味があって少しは親近感がわきますね。

 

落合陽一 プロフィールと経歴

1987年9月16日生まれで、出身地は東京都育ちは六本木です。

名前の由来はプラス(陽)とマイナス(一),小さなころから電気が好き.コンピュータの未来をアートと研究の両面から追求するのがライフワーク.日本の巷では現代の魔法使いと呼ばれている.

 

筑波大でメディア芸術を学び,2011年卒業,東京大学学際情報学府で修士号を取得(2013年),米国MicrosoftResearchを経て,情報処理学会新世代企画委員としてアカデミックの未来も考案中.

筑波大学非常勤講師.これまでに研究論文はSIGGRAPHを始めとして有名な国際会議に採択され,作品はSIGGRAPH Art Galleryを始めとして様々な場所で展示された.

情報処理推進機構よりスーパークリエータの称号,LAVAL VIRTUALよりグランプリ&部門賞,ACEより最優秀論文賞

twitterより引用

 

他にも、Pixie Dust Technologies CEO (2015-)、筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰 (2015-)筑波大学学長補佐 (2017-)、大阪芸術大学客員教授 (2017-)、デジタルハリウッド大学客員教授 (2017-)という輝かしい経歴があります。

 

Sponsered Link

学歴の詳細

子供の頃から英才教育をうけていてなかでも得意分野は理系で3歳の時に電話の不思議に触れて自宅の電話機を4台分解して壊したそうです。小学校時代は勉強は好きではなかったのですが学年ではトップの成績で過ごし、その後名門中学である麻布中学を受験します。

 

しかし勉強嫌いが仇となりまさかの不合格でした。

 

そんな勉強嫌いの落合陽一さんでも中学生時代の公開模試の理科の偏差値は99というとんでもない数字を出しています。やはり天才ともいうべきですがもともと好きな事や世の中にない勉強をしてとことん追求することが偏差値99という天才的な数字を生み出している結果だと考えられます。

 

そして高校はのちに受験する東大受験合格者が多いことで知られる開成高校出身です。さすがに高校入学には受験勉強に励んで入学したらしいですね。

 

この頃を振り返ると、本人いわく高校時代にもっと勉強をしておけば良かったと後悔しています。理科は抜群の成績を保っていたのに他の教科はそれほどでもないようで、特に世界史が苦手な分野だったとか・・・

 

開成高校を卒業後はそのまま東大を目指して受験して合格・・・とはならず、またしても受験不合格。どうも受験勉強は性に合わないのでしょうか。

 

浪人して次の年に受験をしてリベンジを狙うけど前期試験で合格せず、筑波大学を受験して合格しました。学科は情報メディア創成学類です。

 

卒業後に東京大学学際情報学府で博士課程を早期で取得します。なんと学際情報学府初の早期終了者だそうです。

 

それなのに東大受験が不合格だったのかは疑問になりますよね。天才と〇〇は紙一重とか天才は気まぐれとも言いますが実に奇妙な天才ぶりを出していますね。ただ単に受験勉強が嫌いということもあったのでしょうがwww

 

もう凄すぎて一般人の常識を超えていて未知な領域な人物な感じがします。

Sponsered Link

作品の数々を紹介

まず始めに紹介するのは空中に自在に物体を浮遊させる“Pixie Dust(ピクシーダスト)”(三次元音響浮遊)

 

 

他の作品

電気がみえるデバイス (2009年)[– 電子工作やメディアアート制作に用いるブレッドボードをモチーフにした電圧を可視化する作品。

ほたるの価値観 (2010年)- 発光ゴキブリをテーマにしたインスタレーション。ホタルとゴキブリを対比して命の価値を問う作品。

Homunculus (2011年)- 人間と車を一体化し、視線やジェスチャーが出る車を走らせる作品。

The Cyclone Display (2011年・ACM SIGGRAPH)- コマの回転錯覚で情報を表現する物理的なピクセルで構成されたディスプレイ。

ヒューマンブレッドボード (2011年)- 電子工作やメディアアート制作に用いるブレッドボードをならべた作品。人間が昆虫や植物と並列に接続され電子回路を形成する。

視野闘争のための万華鏡 (2011年・ACM AH / 府中市美術館)- 視野闘争を意図的に引き起こすための両眼万華鏡。

The Colloidal Display (2012年・ACM SIGGRAPH / 2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭) – 質感表現のための薄膜ディスプレイ。

モナドロジー (2012年・Tokyo Designers Week 2012 / MMM2012 / 2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭) – 暗室の中で輝く単光源に照らされたシャボン玉の作品。

アリスの時間 (2012年・府中市美術館)- 実物投影機を並べることでフィルムを使わないアニメーションを作る作品。

煙のオリハルコン (2012年・バーニングジャパン) – 炎の構成要素を煙、光、熱とし、それらを猛烈に発散するインスタレーション。

浮遊都市の透視法 (2013年・Tokyo Designers Week 2013)- 都市と高速道路を模した透明な道の上をたくさんの車が走っていく作品。

飛鼠の振り子 (2013年・Tokyo Designers Week 2013) – 暗闇の中で金属板が揺れ動きコウモリにような音をたてる作品。

三次元音響浮遊 (2013年) – 超音波によって様々なものを空中に浮かべ三次元的に動かす研究。

ピクシーダスト (2014年) – 超音波によるフィールドで空中に絵を描く研究。

Fairy Lights in Femtoseconds (2015年) – 空中に触れる光をレンダリングする研究。

Holographic Whisper (2016年) – 空中に超音波集束による点音源を作る研究。

幽体の囁き (2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭) – 廃校の校庭に空間音響技術を用いて人の気配感を作り出す作品。

ゾートログラフ (2016年) – ゾートロープとキネマトグラフを融合した作品。カナヘイとのコラボレーションも行った。

Levitrope (2016年) – 空中に浮いた金属球によるインスタレーション作品。

Wearable One OK Rock (2017年) – 着る音楽というコンセプトで作られた衣服。ONE OK ROCKとのコラボレーション。

wikipediaより引用

Sponsered Link

情熱大陸に出演

11月19日(日)夜11時30分からTBS系列にて30分放送される情熱大陸に落合陽一さんの特集が放送されます。

番組のなかでは、睡眠は平均4時間で、研究に没頭し始めると食べる時間がもったいなくて気軽に食べられるグミガムが主食になるという落合陽一さんの研究生活に密着。イルカとコミュニケーションをとるための研究、次世代のディスプレイの開発風景などを追うといった落合陽一さんが描く世界の未来を徹底分析するそうです。

 

 

余談ですが、グミのなかでもつぶグミが大のお気に入りとのこと・・・

 

情熱大陸の動画を観る方法

今回放送される「情熱大陸」はTBS系列にて全国放送として観られるのですが、つい見逃してしまった、気づいたら終わってた・・・そんなリアルタイムに観られなかった人の為に情熱大陸の動画を観る方法を紹介します。

 

ネットで見ると、MBS毎日放送のテレビ番組表にはたくさんのジャンルの気になる番組があります。懐かしのアニメやスポーツなど多ジャンルで「この番組観たい!」と思っても残念ながら関西地方以外では観ることができないのです。

 

「情熱大陸」以外にもMBS毎日放送の番組は、関西地方のみの放送なので東京や神奈川など関東地方ではリアルタイム以外で観ることができません。

 

そこで、本来は観られないMBS毎日放送を観る方法があります。それは、

 

GYAO!TVerのどちらかで観るという方法です。

 

GYAO!の場合は月曜16時に更新され、TVerでは日曜23時30分に更新されているのでネット接続の環境さえあればMBS毎日放送の番組を手軽に観ることができるのです。見逃し配信も無料で観れるのでオススメです。

 

ただ注意があります。今回の情熱大陸の様なメジャーな全国放送番組でも放送している番組は観ることができますが、MBS毎日放送の番組表にある丸ごと全部の番組は観ることができませんので事前にGYAO!かTVerの番組表が更新されたら確認しましょう。

Sponsered Link

 

若者に流行っている「エモい」の発信者は落合陽一!?

 

「エモい」と言う言葉は10年以上も前から使われていて「エモ」とは「エモーショナル」の略で語源は、音楽のジャンルの一つである「イーモウ(Emo)」からきています。

 

イーモウとは、哀愁ただようメロディーで切ない心情を表わすような歌詞が特徴のロックを指しています。そのイーモウが、寂しい気持ちや悲しい気持ちを表現する今となっては懐かしのコギャル語として使われるようになったという説があります。

 

感動的で心にグッとくる・・・だけど、なんかうまく表現できない・・・けど良い!みたいな表現の形ですね。

 

使う場面はなかなか日常ではないと思いますが、力作の映画や名曲で感動した時にはエモい!と口にだすのが表現の仕方であってるのかなって感じですね。

 

本人的にはツイッターで次のようにつぶやいています。

 

 

 

またエモいに続いて『エモ消費』もあります。

 

「エモ消費」は大きくは、ふたつの欲求に起因する消費である。
人間として根源的な欲求である「承認欲求」「達成欲求」がある。「エモ消費」はこのふたつの欲求を満足させることで、幸福感を得るものである。この欲求は、仕事や学業・スポーツなど、消費に絡まない行動でも満足させられるものであるし、恋愛や子育てにおいても感じられるものだ。

「超ソロ社会」荒川 和久著者より引用

 

今後、エモいやエモ消費は流行するのでしょうか。ちょっと「キモい」にも言葉が似ているような気もするのですが私だけでしょうか。

 

 

子供は障害がある?

落合夫妻に待望の男の子が生まれました。ですが障害があります。「口唇口蓋裂」(こうしんこうがいれつ)と言われる先天性の形態異常で、「軟口蓋あるいは硬口蓋またはその両方が閉鎖しない状態の口蓋裂と、口唇の一部に裂け目が現れる状態の口唇裂(唇裂)」を指します。

 

口唇口蓋裂は他の人種の人たちよりも日本人の発症率が高いといわれていて約500人に1人の割合で発症しています。

 

赤ちゃんの顔や体は、ママのお腹のなかで少しずつ成長して形が作られます。唇や口蓋ももちろんそうです。ですが、なんらかの原因でうまく成長につながらないと、唇や口の中に裂け目ができてしまうことがあります。

 

この結果、唇に裂け目ができた「口唇裂」、口蓋(上あご)が裂けて口腔と鼻腔がつながってしまう「口蓋裂」、顎の骨が裂ける「顎裂」などの奇形が現れることがあり、合併症としての症状となることもあります。

 

口唇口蓋裂になるとどんな問題があるのか

赤ちゃんは口を閉じることができない為おっぱいやミルクを上手に飲めません。そのためそのまま成長すると言葉を上手に話すことも困難になります。

 

口蓋裂の場合は特に口と鼻がつながってしまうので口からミルクや食べ物などが入ってきたときに鼻にも食べ物が入ってしまうので汚れやすくなり、乳児期には扁桃炎、中耳炎、気管支炎を起こしてしまう危険もあります。

 

口唇口蓋裂の原因とは?

赤ちゃんが生まれてくるお母さんの栄養障害やストレス、薬の服用、遺伝的なものや、妊娠中のタバコの喫煙も原因のひとつとしてあげられていますが、現代の医学では原因の7割が不明とされています。

 

また、口唇口蓋裂として生まれてくる率は、高齢出産になるほど高いというデータもあるそうです。障害と聞くとビックリしますが現代の医学では、赤ちゃんがお腹の中にいる時(妊娠後期)にエコーで発症しているかがわかる様です。

 

症状の大きさにもよりますが、成長する過程で縫合手術を何度か行い、5歳位までには外見は綺麗になります。歯の矯正も時には必要となる場合もあります。

 

赤ちゃんは宝物です。初めはショックや不安がありますがしっかりと治療すれば外見も綺麗になり、食べることにも問題みたいで本当に良かったですね。

 

 

さらばビットコインについて

https://youtu.be/-oTTQOOzInA

 

最近よく聞く仮想通貨であるビットコインについても語っています。ビットコインという名前はご存じかと思いますが、詳細はと聞くと詳しくは説明ができないのではないでしょうか。

 

そんなビットコインについて落合陽一さんが語っている動画があるのでご覧ください。(時間が長いので暇な時にでも・・・)

 

動画の中の感想は賛否両論がありますね。ただ落合さんのいうことは正論であることには間違いないと思います。わたしもビットコインは気になっている情報なので、今後の傾向を見ていきたいとは思います。

 

まとめ

情熱大陸で落合陽一さんの世界に酔いしれて、こんな世界もあるんだなと感動されるか、難しすぎてよくわからないのどちらかに分かれるかと思いますが、こんな技術があるんだと感動して、これからの現実の世界にどう反映されるていくのかとても興味があります。

 

それでは落合陽一さんの天才ぶりをテレビ画面かネットの動画にて是非ご覧ください。

 

以上です。ありがとうございました。

Sponsered Link