冬の寒い季節に冷えた体を温める飲み物と言えばアルコールですよね。いやいや、ホットコーヒーやコーンスープでしょ!という声もありますが、体を温める方法としてお酒を飲むことはよく知られている事です。

 

日本では日本酒を熱燗にしたり、焼酎のお湯割りなどが主流ですが、国によっても違いがあり、ホットワインが主流の国もあれば、ウィスキーやブランデーが主流の国もあります。

 

韓国や北朝鮮では、20代の若者を中心に『爆弾酒』というものが流行っているそうで体を温めることができて低価格で飲めるお酒としてブームになっているそうです。

 

そこで、爆弾酒とはいったい何なのか、安全なお酒なのかや作り方、味は美味しいのか。そして、その種類や飲み方などを探ってみました。

Sponsered Link

北朝鮮で流行っている爆弾酒とは

北朝鮮で流行っている爆弾酒とは、ビールにウィスキー、もしくは焼酎を混ぜたお酒をミックスさせたものです。

 

どちらもアルコールが含まれていますから、2つのアルコール飲料を掛け合わせることによって、アルコール度数が高い飲み物になってしまいます。

 

そのためお酒に弱い人だけでなく、強い人にもかなりアルコールの刺激が強いことから、爆弾酒と呼ばれています。

 

また、その名前を呼ばれる理由として、お酒の席で一番目上の人が作り、それを席に座っている人がそれぞれ飲むことになっています。

 

飲む時は一気飲みをすることが基本になっていて、一気飲みができない場合でも最低4回くらいで全てを飲み干さなければならない決まりです。

 

アルコール飲料なのに、一気飲みをしなければならないということで、かなり大変だということから、爆弾という名前がつけられるようになったとされています。

 

北朝鮮で流行っていますが、以前から韓国でも20代の若者を中心に、定番で人気のある飲み方で、韓国名物になっています。

 

アルコール度が高いお酒で、何杯も飲まなくても酔うことができるので低価格ですむというのも若者からの人気の秘密があるのではないでしょうか。

 

Sponsered Link

爆弾酒は危険!?体にどんな影響があるのか

 

爆弾酒はお酒を飲むことによって、冷えた体を温めたり、一緒に飲んでいる人達との絆を強く深める効果があるとされていますが、その一方で危険だということも指摘されています。

 

その理由として、爆弾酒にはビールにウィスキーや焼酎を混ぜて作りますが、ビールのアルコール度数はそれほど高くありません。

 

しかしビールに混ぜるウィスキーの中には、アルコール度数が40度を超えるものも少なくありませんから、爆弾酒そのもののアルコール度数がかなり高くなり体に負担がかかり危険です。

 

また、それを一気飲みすることになると、心臓や肝臓に影響が出てしまい、命にかかわることもあります。

 

アルコールを摂取することで肝臓に大きな負担がかかりますし、心臓に負担がかかると体温調節がうまくいかなくなることが考えられます。

 

また元々アルコールを分解する力が低い体質の場合には、急性アルコール中毒になって意識がなくなってしまうという危険な状況になることもありますから、かなり注意が必要な飲み物です。

 

Sponsered Link

 

爆弾酒の作り方や味、美味しい飲み方は?

 

爆弾酒の作り方は、まずグラスにビールをある程度注いでおきます。

そしてワンショットグラスを用意して、そこにウィスキーか焼酎をギリギリまで入れます。

ビールが入ったグラスの中に、ウィスキーか焼酎が満杯まで入ったショットグラスを落として、軽く混ぜると出来上がりです。日本で言う「ウィスキーのビール割り」といたところでしょうか。

 

⇓爆弾酒の作り方動画はこちら⇓

大勢で盛り上がるときには、ビールの入ったグラスを並べて、その上にウィスキーや焼酎を入れたショットグラスを重ねて、一気に混ぜていくパフォーマンスをして盛り上がることもあります。

 

 

爆弾酒の味は、ビールがベースになっていますから少し苦味がありますが、ビールにウィスキーや焼酎が加わることでまろやかな味で飲みやすいです。

 

ただアルコール度数の高いウィスキーを入れることによって、かなり刺激の強い後味になります。

 

美味しい飲み方として、人によって好みは違いますが、ビールとお酒の比率を7対3にすると良いといわれています。またビールに甘めのテイストのお酒を加えると飲みやすいです。

 

 

爆弾酒の種類

爆弾酒には他にも作り方の種類があります。

 

  • ビール、ウィスキー、焼酎
  • ビール、ウィスキー、焼酎、マッコリ
  • ビール、ウィスキー、ブランデー、焼酎、マッコリ、清酒
  • ビール、ウィスキー、ブランデー、焼酎、マッコリ、清酒、焼肉のたれ
  • ビール、ウィスキー、ブランデー、焼酎、マッコリ、清酒、焼肉のたれ、食事の残り物少し

 

基本、お酒のちゃんぽんになりますが、最後の方の作り方はお酒を美味しく飲むというより、罰ゲームに近い気がして楽しくお酒を飲める気がしないですね。焼肉のたれは味がやばい気がする・・・最後の食事の残り物って・・・ザンパンやん!(笑)

 

他にも、忠誠酒、ゴルフ酒、旋風酒、タイタニック酒とユニークなネーミングのバリエーションがあります。

 

⇒爆弾酒のバリエーションはこちら

 

⇒こんなのも発見しました。

 

Sponsered Link

まとめ

 

爆弾酒は現在、北朝鮮でブームになっているのですが、どうやら流行の発信は韓国からのようですね。爆弾酒はレクレーション的にも飲み会などで盛り上がることは間違いなさそうですが、派手な飲み方や暴飲で国営メディアは注意喚起をしているということなので、日本でブームは来るのかなと感じます。

 

お酒は楽しく適度に飲むのが一番だと思います。爆弾酒を作る時は、ルールを決めて適量の飲酒にしておきましょうね。

 

以上です。

ありがとうございました。

Sponsered Link