2018年のここ最近、月額会員制(サブスクリプション)のサービスを提供する店舗が話題になり注目を集めています。

 

毎月決まった金額を支払うことで、それぞれの店舗のサービスを受けられるというモノです。

 

今回は、月額会員制のサービスを行っている神奈川にあるカフェを紹介したいと思います。

 

気になる月額料金サービスも調査してみました。

 

月額会員制飲み放題の居酒屋店舗一覧(神奈川)のサービスと料金比較はこちら

Sponsered Link

 

月額会員制カフェの神奈川店舗やアクセスは?

 

東京を中心にして月額会員制カフェが展開されるようになり、近年は神奈川県にもいくつかの店舗が出来るようになりました。

 

神奈川県にある店舗を紹介します。

 

ハンデルスカフェというお店が横浜ポルタの地下一階にあります。ハンデルスカフェへのアクセスは、横浜駅中央改札・南改札などから徒歩5分ほどの場所に位置しています。横浜駅からは391mで、横浜ポルタの地下一階にあります。

 

アクセスや店舗詳細はこちら⇓

ハンデルスカフェ横浜ポルタ店

 

 

ゼロカフェというお店が神奈川県新町にあります。ゼロカフェは、JR線の神奈川新町駅から徒歩7分ほどの場所に位置しています。神奈川新町駅が最寄り駅ですが、子安駅からも徒歩圏内です。

 

子安駅から歩く場合は、神奈川新町から歩くより時間がかかり、10分ほどはみておいた方が良いでしょう。

 

ゼロカフェは関東では東京を中心に店舗がありますが、神奈川県内では2018年6月1日オープンで初店舗の1号店になります。

 

アクセスや店舗詳細はこちら⇓

zero-cafe(ゼロカフェ)神奈川新町店

 

Sponsered Link

店舗ごとの料金を比較

 

店舗ごとの料金だけを比較すると正直あまり大きくは変わらないと言えますね。

 

ハンデルスカフェは、月額の料金が3900円ゼロカフェは3980円です。

 

東京都内にある月額会員制カフェも概ね月4000円程度の金額設定であるようです。

 

ハンデルスカフェは、コーヒー・カフェラテ・カプチーノ・キャラメルラテ・ソイラテ・ティー・アールグレイ・カモミール・ロイヤルミルクティーの9種類がすべて飲み放題になります。

 

ゼロカフェは、コーヒーが飲み放題で、Wi-Fiが使え、全席電源が完備していることを売りにしているのでスマホの充電やノートパソコンなどのバッテリー切れには心配ないです。

 

Wi-Fiも使えるのでデータ通信量もストレスなく利用できるのがメリットですね。

 

ちなみにハンデルスカフェは、会員になる際は募集があります。募集の際に欠かさず応募して、申し込まないと会員になることは出来ませんので注意しましょう。

 

Sponsered Link

店舗ごとのサービスやメニューは?

 

ハンデルスカフェのサービスは、会員募集の際に応募して申し込み、月に3900円を払うと、朝の8時から夜の22時までどれだけ指定のコーヒーやお茶類を飲んでも別途の料金がかからないというサービスを受けることが出来ます。

 

指定のメニュー商品は飲み放題ですが、指定されていない飲み物や食べ物については別途の料金が発生します。

 

ゼロカフェもほぼ同様で、指定されたコーヒー類はいくら飲んだとしても別途の料金が発生することはありませんが、指定のメニュー以外を注文する場合は、別途の料金がかかります。

 

電源やWi-Fiは月額の料金に入っているので、利用に際して別途のお金はかかりません。ただ、営業時間は、ゼロカフェは朝の8:00~17:30となっています。

 

アクセスや店舗詳細はこちら⇓

ハンデルスカフェ横浜ポルタ店

 

zero-cafe(ゼロカフェ)神奈川新町店

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

神奈川県内では、月額会員制カフェは2店舗とまだまだですが、月額会員制のサービスを展開している店舗はどんどん増えているので、いろんなジャンルでこれから体験するようになり普及していくのではないでしょうか。

 

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsered Link