北海道でしか食べられないエゾシカ肉の料理とシシャモ寿司の味は美味しい!

試される大地とも言われる北海道ですが、まだまだ大きな可能性を秘めている魅力的な場所です。北海道といえば豊富な食材と美味しい食べ物が豊富にありますが、有名なのはラーメンジンギスカンなどですね。

 

その他にも北海道でしか食べられない旬の味のグルメとして、北海道に来たなら絶対に食べてほしい厳選食材を2つ紹介していきたいと思います。

 

北海道のエゾシカ肉の料理の味は牛肉以上!?

 

北海道といったらラム肉が有名ですが、最近ではエゾ鹿の肉も美味しさが注目されています。一時期は乱獲で北海道のエゾ鹿の数が激減しましたが、今ではその数は増える一方で農業被害が深刻な問題になっています。

 

北海道に住んでいてもエゾ鹿はあまり食べる機会はないと思いますが、野生動物の肉の臭みもなくて牛肉よりも美味しいという人もいるほどです。

 

札幌でジンギスカンやラムは気軽に食べれますが、特にオススメしたいお店は札幌市にある「夜空のジンギスカン」のエゾ鹿ジンギスカンを紹介します。

 

#階段#夜空のジンギスカン

@abefumiwoがシェアした投稿 –

ラム肉のジンギスカンは独特の匂いがするので好き嫌いが別れますが、エゾ鹿のジンギスカンは匂いもあまりないので食べやすいと思います。北海道を車で運転しているとエゾ鹿が普通に飛び出してくるのは当たり前の光景と言われています。

 

このような光景は北海道ならではです。他の地域で鹿が道路に出てきたらビックリの一言ですよね。ですが地元北海道の人は、このエゾ鹿が肉になってんだなぁと思いながら眺めているのではないでしょうか・・・

 

Sponsered Link

夜空のジンギスカンの店舗場所と営業時間とアクセス方法

夜空のジンギスカンのお店はススキノのきれいな夜景を見ながら北海道名物のジンギスカンを食べることができます。夜空のジンギスカンの名前の由来は店内は全面ガラス張りになっていて夜景を楽しみながらジンギスカンを楽しめることから名付けられました。

 

「夜空のジンギスカン」は、本店すすき交差点前45店の3店舗あり、各店舗はすすきの駅から出て同じ道路沿いにあります。すすきの駅から歩いて20秒~2分程なので、小さなお子さんが一緒でもアクセスは楽です。駐車場はないので電車での利用をオススメします。

 

営業時間は午後5時~午前1時となっていて、ランチはやっていません。

 

「夜空のジンギスカン本店」

住所   北海道札幌市中央区南4条西4丁目 MYプラザビル10F

アクセス 札幌市営地下鉄南北線すすきの駅 2番出口 徒歩2分

営業時間 17:00~01:00(L.O.24:30)

 

 

「夜空のジンギスカン交差点前」

住所   札幌市中央区南4条西4丁目恵愛ビル5F

アクセス 札幌市営地下鉄南北線すすきの駅2番出口 徒歩20秒!

営業時間 17:00~01:00(L.O.24:30)

 

 

「夜空のジンギスカン45店」

住所   札幌市中央区南4条西5丁目45Lビル4階

アクセス 札幌市営地下鉄南北線すすきの駅2番出口 徒歩1分

営業時間 17:00~01:00(L.O.24:30)

 

ジンギスカンはタレが命とも言われていますが、夜空のジンギスカンでは「醤油タレ」「味噌たれ」「ハーブ塩」とあるので人それぞれ好みにあった食べ方ができます。料理の値段はアルコール抜きで1人あたり3,000円~5,000円ほどで堪能できます。

 

人気店となっていて混雑する時があるので行くときは電話して予約することをオススメします。

 

北海道でしか食べられないシシャモ寿司は絶品!

 

次に紹介するのは、北海道の人でも滅多に食べることができないシシャモ寿司です。白身魚でありながら甘味のある味わいは一度食べたら忘れられないほどです。

 

シシャモは北海道の太平洋にしか生息していない魚で、一般的に私たちが普段食べているシシャモと言われているのは「カペリンシシャモ」(別名カラフトシシャモともいう)という外国の種類で輸入魚で、北海道の鵡川町でしか食べられないシシャモは他の地域のシシャモと比べて、味が別格です。

 

同じ北海道でも鵡川町以外でとれるシシャモは、普通のシシャモがほとんどでスーパーなどで簡単に手に入りますが、鵜川町の本物のシシャモは、数が限られ全国的に出回らない上に、高価なので、贈答用として使うほど価値の高いレアな魚と言えます。

 

北海道鵡川町のレアなシシャモを食べることができる鵡川町にある「カネダイ大野商店」は一年中シシャモを扱っている超人気なお店で遠方から食べに来る人がいるほどの、とても美味しい新鮮なシシャモ料理を堪能できます。

 

シシャモ料理の種類は、ししゃもフライに焼きししゃも、ししゃも汁、生のししゃも寿司とシンプルながらシシャモのオンパレードで味を堪能でき満足できます。ただし、寿司は10月~11月頃の限定となっているのでこの時期はすぐ売り切れてしまうので早めの時間帯の来店がベストです。

 

そして、なんといっても嬉しいのは、この美味しいシシャモをお持ち帰りや通信販売もしてますので日本全国で本物のシシャモを購入できますが、やはりカネダイ大野商店に行って鮮度抜群なシシャモを是非食べることをオススメします。

Sponsered Link

カネダイ大野商店の店舗場所と営業時間とアクセス方法

 

 

 

カネダイ大野商店

住所    北海道勇払郡鵡川町美幸2-42 

電話番号  0145-42-2468 (予約可)

アクセス  JR日高本線「鵡川駅」から徒歩5分 鵡川駅から357m

営業時間  9:00~17:00 日曜営業

 

駐車場は店舗前に3台分と、他にも40台の駐車スペースがあります。そして鵡川町には、ししゃもを取り扱う大野商店が2店あるのですが、まったくの別会社なので注意してください。「カネダイ大野商店」です。花園2丁目の「マルダイ大野商店」ではありません。

 

お歳暮や冬ギフトにシシャモはいかがですか

 

お世話になった人に贈るお歳暮や冬ギフト。毎年何を送ったら喜ぶか迷っている方は、いつもと違った「本物のシシャモ」をお歳暮や冬のギフトとして贈るのはいかがですか。美味しい珍味として喜ばれること間違いなしです。

 

Sponsered Link

 

オススメしたい北海道の食材のまとめ

 

今回は私の独断で2つの食材を紹介しましたが、もちろん北海道にはまだまだ美味しい食材は山のようにあります。北海道に来たからこそ地元でしか食べられない食材を中心に紹介しましたが、北海道にいながらもまだまだ知らない事がいっぱいの神秘の土地ですから、北海道に来られた時には自分だけの楽しみ方を探して見るのもオススメします。

 

以上です。ありがとうございました。