チケットボードの利便性は携帯電話1台でチケットの購入から受取り、そしてイベントの入場まで全ての作業が1つのデバイスで出来るということです。

 

ですが、わからない点も出てくると思います。

 

携帯電話がガラケーからスマホに移行するユーザーも増えてきて、サイトで利用するにはスマホからでないと無理!という様なサイトも少なからずあります。

 

そこで今回はスマホユーザーではなく、ガラケーからのチケットボードの利用方法の中から、ガラケーでの利用方法とその対応機種についてや、その時の子供の入場方法なども調査してみました。

 

それでは早速いきましょう。

 

⇒チケットボードの譲渡の名義や同行者変更は?iphoneの入場方法についてはこちら

 

Sponsered Link

チケットボードをガラケーで利用する方法!

 

 

ガラケーではチケットボード会員証や電子スタンプチケットQuick PASSは利用できませんが、QRコードチケットを利用することが可能です。

 

まずはチケットボードのマイページにログインし「チケットの選択/分配と確認」を押し、公演一覧から該当する公演を選択します。

 

つづいて「チケットの選択/ダウンロード」を押してからダウンロードしたい座席を選択して「次へ」を押します。

 

最後に内容を確認して「ダウンロード」を選択するとQRコードが表示されるので、携帯電話へ保存します。

 

このQRコードは当日の入場時や会場内で係員より提示を求められる場合があるので、必ず画像を保存していつでも提示できるようにあらかじめ準備しておきます。

Sponsered Link

 

 

ガラケーの対応機種は?

 

チケットボードのQRコードチケットの対応機種は、QRコードに対応しているのは大前提として公開鍵長2048bitサーバー証明書に対応している必要があります。

 

対応機種の確認方法は各機種のマニュアルなどで調べる他にも、チケットボードのトップページの「対応機種」を選択してから「QRコードチケットの対応確認はこちら」を選択すると画面中央に「ここから」と「ここまで」の表記の間にサンプルのQRコードが表示されていればQRコード対応機種です。

 

ちょっと難しいですが、簡単に説明すると2014年以降に発売されているガラケーならば、おおよそ対応している様です。

 

チケットボードのマイページへのログインをするためには公開鍵長2048bitサーバー証明書に対応している必要があり、正常にログインできれば同証明書に対応しています。

また、一部のPHSでも動作するケースがありますが、正式にはサポートされていません。

Sponsered Link

 

子供(未成年など)の入場方法について

 

チケットボードは小学生を含む子供も利用することが可能ですが、当日会場に入場できるのは登録名義人の本人に限られており、子供を入場させたい場合は子供本人の名義で登録する必要があります。

 

携帯電話を所持していない子供の代わりに保護者名義で申し込むなど、家族間であっても登録名義の変更は不可能なので注意が必要です。

 

また、携帯電話を持っている親が申し込んで携帯電話を持っていない子供を同行者として登録した場合はチケット分配までを済ませてから当日申込者と一緒に会場内にある電子チケット問い合わせ窓口へ行き指定身分証明書を提出します。

 

指定身分証明書は成人は免許証やパスポートなど、未成年は健康保険証や学生証などで大丈夫です。

 

 

まとめ

チケットボードの利用で困ったことは多少なりとも出てくるものです。

 

公式サイトのみで解決できればよいですが、ガラケーでの利用方法や対応機種などで困ったりしていたらこの記事で少しでも問題解決できたら光栄です。

 

また子供(未成年)についても、どうしても参加したい好きなイベントもありますよね。イベントの種類によっては入場できない場合がありますが、同行者と入場することで対応しているイベントもあるので詳しくはチケットボード公式サイトで確認してください。

 

⇒チケットボード公式サイト

 

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link