車椅子と自転車が連結!価格や種類は?通販で買える?介護用品?

フジテレビの毎週土曜、昼12時から放送の「有吉くんの正直さんぽ」で亀戸の街を散歩する企画のなかで、『紀洋産業』が紹介されました。

 

紀洋産業は溶接材料を扱うのがメインのお店ですが、10年ほど前からサイクル事業部として自転車製作を始めて現在に至ります。

 

製作するうえでのコンセプトは世の中にない自転車を作ること。

 

代表作は3輪タンデム自転車です。テレビ放送のなかでは、車椅子と自転車が連結した画期的な乗り物の紹介でした。まさに世の中にない自転車です。

 

その車椅子と自転車が連結しているのは何故なのか。価格や他にも、どんな自転車があるのか気になりました。また、一般に販売されているのかや、その使い道は娯楽の為なのか、それとも介護用品としてなのかも探ってみました。

 

車椅子と自転車が連結 夢のコラボ!?

 

車椅子を利用されている方は、普段の生活の中でスピードを出して移動を行うことは危険なので、ゆっくり移動するのが普通でしょう。

 

しかし、時には「風を切って移動してみたい」と感じるかもしれません。そうした願いを叶えるべく、車椅子と自転車を連結させる独自の補助具を開発した会社があります。

 

車いすと自転車の部分はそれぞれ別のパーツになっており、必要な場合に補助具を自転車に合体させて利用する仕組みです。

 

この補助具を使用すれば、車椅子で生活している方の生活範囲を拡げられると注目されています。

 

補助具は現在使用している車椅子に取り付けることももちろん可能です。

 

補助具の取り外しも簡単に行えるので、目的地に到着した後は通常の車椅子として使えます。

 

歩くペースよりも少し速いスピードで移動することができ、車椅子に乗っている方も心地良い風を感じられる点が魅力。

 

セットになっている車椅子は単品としても使用することができます。

 

Sponsered Link

 

特長は?用途は介護用品!?

 

車椅子と一緒に走れる自転車は、簡単に利用できるのも特長の一つ。

 

ハブの部分の取りつけナットを特製のものに交換するだけで、市販の車椅子に取りつけることが可能です。

 

補助具を外しておけば、通常通りの車いすとして使えますし、折りたたんで収納することができるのでスペースもとりません。

 

「普段は遠くまで出かけられない」、「歩いて押すだけではとても無理」

 

と遠出を諦めていた方も、これがあれば遠い場所に行くことができるのは大きな特長です。

 

先ほど触れたように、目的地まで到着した後に補助具を外せば、通常の介助型車椅子として使える点もメリット。

 

介護者の方にとっては、歩いて押す代わりに、自転車に乗ってペダルを漕いで押す形になるので、今までより負担が少ない上にもっと遠くまで外出できるようになります。

 

操作は車椅子のハンドルを使って介護者が行います。「いつもより遠くにあるお店に買い物に行ってみたい」「気になるお店で食事がしたい」という場合にも便利ですし、外出する意欲もわきやすくなるでしょう。

 

介護用品の概念を大きく変える1品ではないでしょうか。

Sponsered Link

 

どこで買えるの?通信販買はある?価格は?

 

車椅子に取り付けて使える自転車は、東京都江東区亀戸にある「株式会社 紀洋産業」から販売されています。

 

紀洋産業にはサイクル事業部があり、インターネットのYahoo!ショッピングから通販の購入が可能です。

 

「風よと共に」と名付けられたペタル付車椅子移動補助具は、価格が税込81,000円で販売されています。

 

ちなみに、ペタル付車椅子移動補助具の「風よ」単体の場合は59,400円(税込)です。

 

ネーミングには、車椅子でも風を切って走る爽快感を味わってもらいたいとの願いが込められています。

 

なお、この会社は溶接材料をメインに取り扱いを行っている会社ですが、後にサイクル事業部を立ち上げて自転車の制作をスタートさせました。

 

世の中には無い自転車を独自に開発することを目的としており、代表作である三輪タンデムの他に折り畳み自転車など、ユニークでオリジナリティ溢れる自転車が開発されています。2018年の1月からは、タンデム自転車の個人向けの配送も再開されています。

Sponsered Link

 

まとめ

 

車椅子と自転車の連結は画期的な乗り物ですよね。車椅子で移動するには電動の車椅子を除けば、介護者が必ず付き添っています。

 

車椅子を押すのって以外と大変です。車椅子に乗っている方も長時間は疲れます。車椅子で近所に散歩に出かけるくらいならまだしも、少し羽を伸ばそうと思うとひと苦労です。

 

今回の、この車椅子+自転車は介護側としても車椅子側としても、気持ち的にも精神的にも素晴らしい商品ではないでしょうか。

 

商品の名前の「風よ・・・」の通り、忘れかけていた感覚を感じることによって、楽しくて新しい日々を過ごしていけると嬉しく思いました。

 

以上になります。

ありがとうございました。