【映画化】「七つの大罪」原作者書き下ろし新作ストーリーで8月18日に公開!

 

現在、アニメ2期が放送中の大人気王道ファンタジー漫画「七つの大罪」が、映画化決定しました。

 

原作者による書き下ろしの完全新作ストーリーで、とても楽しみです。

 

そんな劇場版七つの大罪のストーリー、キャストなど気になる情報を見ていきましょう。

Sponsered Link

『劇場版 #七つの大罪 天空囚われ人』映画情報

 


劇場版タイトル 「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」

公開日     8月18日

上映映画館   一覧はこちら

料金      一般1400円 小人900円 親子ペア2200円

前売券 

第1弾 3月3日~ 5万枚限定!原作者書き下ろしキービジュアルのA4クリアファイル

※無くなり次第終了

 

第2弾以降の情報もこれから、少しずつ発表されていくようなので、とても楽しみですね。

 

さらにYouTubeでは、一部映像が公開されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

特報「劇場版 七つの大罪」制作決定!

 

 

第2弾特報!「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」8.18全国ロードショー!!!

 

 

Sponsered Link

ストーリーは?

 

国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやって来た〈七つの大罪〉たち。団長のメリオダスと、人の言葉を話す豚のホークは、天空魚を求めるうちに空高く、雲の上に存在する天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまう。

 

天空宮には翼をもつ “天翼人”が暮らしている。メリオダスは掟を破った天翼人の少年と間違えられて牢屋へ入れられてしまう。天空宮では三千年間封印される凶悪な魔獣の解放を防ぐため、儀式の準備をしていた。

 

だが封印を解こうと天翼人の命を狙う、“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集団〈黒の六騎士〉が姿を現す。残虐非道な彼らからみんなを守るため、メリオダスたちは〈黒の六騎士〉と激突する!

引用:http://www.7-taizai-movie.net/story/

 

本来の七つの大罪とはまた、一風変わったストーリー構成になっています。

 

七つの大罪のキャラや世界観はそのまま、また違う七つの大罪ストーリーが繰り広げられています。

 

いわば、パラレルワールドのような内容で、映画ならではのまた違う楽しみ方ができそうな作品です。

 

作者は、

 

「話の出発点は読切版のメリオダスとエリザベスを違った形でもいいから出したいなという発想からでした。そして原作を読んでる方ならハッとする名前も登場します!

 

もちろん原作を知らなくても楽しめますので是非劇場に足を運んで、ひとりで、友達と、親子で、そして目で耳で、心で楽しんでください!」

 

とコメントしており、七つの大罪を知っている人はもちろん、知らない人でも楽しめる作品になっているようです。

 

これを機に、七つの大罪を知らない友人を誘って、ファンを増やしていくのも良さそうですね。

 

Sponsered Link

キャストは?

 


従来のキャラクターたちは、アニメと同様のキャストになっています。

 

さらに、七つの大罪最後の一人「傲慢の罪」エスカノール役の声優キャストが発表されました。

 

銀魂の坂田銀時役などで有名な「杉田 智和さん」です!

 

映画より、アニメの方が登場が早い形になってしまいますが、どのように演技するのかとても期待で胸がいっぱいです。

 

他の映画で新登場するキャラクターたちは、名前やビジュアルすら公開されていません。

 

どのようなキャラが出てくるか、期待して待っていましょう。

Sponsered Link

まとめ

 

七つの大罪ファンがずっと待ち望んでいた、映画化の発表に胸が高鳴っています。

 

映画化のさいは、実写化の噂もありましたがアニメーションで安心しました。

 

七つの大罪ファンも、まだ七つの大罪を見たこと無い人も楽しめる作品なので、ご機会があればぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

七つの大罪の動画を無料で観るなら

7つの大罪は、現在地上波で毎週土曜日の朝6時30分から放送されていますが、観れない人もいますよね。

 

無料アップロードサイトもありますが、セキュリティの面で不安ですし、どうせなら高画質で安全にサクサク観たいですよね。

そんな人には、こちらがおすすめです。

 

七つの大罪を無料で観る

 

無料期間中なら他の気になるアニメも見放題です。(1部有料コンテンツあり)

 

映画が上映されるまでに、もう一度見直すのもありですね。

 

以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsered Link