日産カルロスゴーン会長逮捕の原因は?元嫁との離婚も関係!?

日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕というショッキングな事件が起きました。

 

日本の3大自動車メーカーのひとつともいえる企業の日産の不況経営を立て直したカルロスゴーン会長ですが、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕されました。

 

逮捕の原因となる金融商品取引法違反とはいったい何でしょうか?

 

今回、逮捕となった原因はそれだけでしょうか?

 

原因の発端とも引き金ともいえる情報を考察してみました。

 

それでは早速いきましょう。

カルロス・ゴーン会長の逮捕原因とは

 

 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、内部通報を受けて、数カ月間にわたり、当社代表取締役会長カルロス・ゴーン及び代表取締役グレッグ・ケリーを巡る不正行為について内部調査を行ってまいりました。

その結果、両名は、開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明いたしました。

そのほか、カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明しております。

 

当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してまいりましたし、引き続き今後も協力してまいる所存です。

 

内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。

 

また、グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。

 

このような事態に至り、株主の皆様をはじめとする関係者に多大なご迷惑とご心配をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。早急にガバナンス、企業統治上の問題点の洗い出し、対策を進めてまいる所存であります。

引用:https://newsroom.nissan

 

 

まず始めに、「報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していた」とありますが、これが金融商品取引法違反にあたるようです。

 

 

つまり、実際にもらっている本来の給料に値する、支払わなければいけない税金を少なくするために、所得の申告を減額し申請していたということです。

 

 

わかりやすく言うと脱税です。

 

 

カルロス・ゴーン会長の報酬額は日産、ルノー、三菱のすべての報酬をあわせるとなんと年収20億円以上といわれています。

 

 

なので支払う税金も億単位になるので少しでも安くと考えたのではないでしょうか。

 

 

まぁそれが本人の意図的なものだとしたら確かに罰せられるべきなのでしょうが、カルロス・ゴーン会長と代表取締役のグレッグ・ケリー氏の2人が関係しているとなると可能性は高いといえます。

 

 

いろんな見解がありますが、2人とも経理に関しては弁護士がついているでしょうし、本人達が本当に関連していたかは定かではありません。

 

Sponsered Link

 

カルロス・ゴーン会長の人格にも原因はある!?

 

 

原因は人格にも!?あるようです。

 

 

今回の事件は内部告発が発端とありますが、実際のところ日産の内部で告発があったのかはわかりません。

 

 

ただ、カルロス・ゴーン会長の経営方針は絶対的な方向性があり、批判も多少なりともあったようです。

 

 

ですが、経営不振だった日産を現在のここまで上り詰めさせることができたのもカルロス・ゴーン会長の経営方針あってのことです。

 

 

しかし、経営方針のみならば仕方ないように感じられますが、人格にも問題が!?の声があがっていますね。

 

Sponsered Link

元嫁との離婚が原因のはじまり!?

 

こちらは元嫁のリタゴーンさん

引用:日経ビジネス

 

 

カルロス・ゴーン会長は嫁と娘3人と息子が1人います。

 

正式には家族はいました。

 

ですが、2010年に離婚協議をされて現在は離婚されています。

 

 

その離婚原因がちょっと引っかかる出来事で、カルロス・ゴーン会長の仕事での多忙とかが理由ではなく、カルロス・ゴーン会長のDVによって協議離婚が成立したようです。

 

 

会長ともなるとストレスは溜まるのでしょうが、家族へのDVは正直いけません。

 

元嫁のリタゴーンさんはとても家族を愛するお人柄で娘や息子にもとても優しく接していたようです。

 

 

⇒リタゴーンさんについてはこちら

 

 

こうして考えるとカルロス・ゴーン会長の人柄というか人格は、個性的であることが伺えますね。

 

 

話を戻しますね。

 

 

離婚時の慰謝料は、カルロスゴーン会長の資産のおよそ100億円を考察して、半額の50億円はくだらないと言われています。

 

 

資産を半分といえど慰謝料で支払い、家族とも別れ、1人となったカルロスゴーン会長はこの離婚が発端で人生のいろいろな方向がずれていってしまったのではとも考えられます。

 

 

誰が言ったかは忘れましたが、「経営者ともなるものは、家族の愛があってこそ成り立つものだ!」と聞いたことがありますが、まさにこのことなのでしょうか・・・

 

 

まとめ

 

さまざまな憶測や見解がありますが、今回の件は警察より上の地検が動いているので実刑になるのか今後の動きに注目が集まります。

 

 

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いとありますが、私的にも関与しているとのことなので逮捕となったカルロス・ゴーン会長の今後が気になります。

 

 

元嫁のリタゴーンさんや子供たちにも今後、少なからず影響が出ることは間違いなさそうです。

 

以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。