ながら運転の対策グッズは?人気アイテムの感想も!

ながら運転でのほとんどの事故がスマホを見てのうっかりが多いようです。

チラ見のつもりでも1秒画面をみることで車はスピードにもよりますが何メートルも進んでいます。

ここではながら運転の対策グッズを紹介していきます。

ながら運転の対策方法は?

ながら運転の罰則が厳罰化されて検挙率が上がるのは間違いなさそうですが、運転する側も対策方法をちゃんと考える必要があります。

根本的な対策方法は運転中は絶対に脇見をしないことですが、全く脇見しない事は正直言って無理な話しだと思います。

ながら運転についての最良の対策方法はと言われると悩みますが、一人一人の意識の持ち方による部分が大きいのが実情ですね。

 

ながら運転の対策方法は私が思うに環境問題と同じくらい難しい問題で、いくら厳罰化しても運転者の意識が変わらない限り無くなることはないと思います。

ちょっとだけならいいかという甘い考えは絶対に捨て切れないので、その考え方で運転する人がいれば今後も重大事故が多発する気がしますね。

 

答えになっていないかもしれませんが対策方法は紛らわしい行動はしないこと、とにかくこの一言に尽きます。

 

どうしても携帯電話の電源を切るわけにもいかない場合は、ハンズフリーにして携帯電話を見ないようにすることはできますね。

少しだけ工夫すれば違反の対象にならないケースもあるので、意外と簡単な対策方法で違反するリスクを減らすことは可能です。

 

とにかく運転中に電話やメールが来た場合は停車して確認すること、当たり前ですが一番効果的な対策になります。

カーナビは音声案内だけにして走行中は画面を見ないこと、または同乗者がいる場合は確認してもらうことで違反は防げます。

 

頭ではわかっていてもクセでやってしまうと思うので、しばらくは大げさなくらい注意することが賢明な対策方法だと思います。

率直に思うのは厳罰化しないと行けない日本社会について、寂しい感じもしますし時代が変化したようにも感じますね。

Sponsered Link

グッズやアプリで対策方法はあるか

ながら運転で検挙されないための対策方法はありますし、グッズやアプリを有効活用することで違反を回避できるケースも多々あります。

たとえばカーナビを画面で操作する必要がないグッズもあり、ハンドルに装着して音声で指示を出すことができます。

これですとカーナビの画像を見ながら操作する必要もなく、脇見しなくてもカーナビを円滑に操作することが可能ですね。

価格は2000〜3000円くらいと手頃な価格で購入できるので、ながら運転で違反して罰金を払うことを考えたら安い買い物だと思います。

 

そしてスマホで通話するときにはハンズフリーを使用しますが、最近では性能が高まり小さな声でも相手に伝わる高機能商品が多くあります。

ワイヤレスイヤホンは2000円くらいから売っているので、仕事で通話したり電話を頻繁にする方は絶対に購入しておきたいグッズです。

 

スマホホルダーだと画面を見て操作してしまいがちなので、ながら運転の対策グッズとしては効力が弱いですね。

どのグッズにも共通していることは脇見をしないで済むことなので、快適に運転するためにもグッズを活用しない手はありません。

 

人気アイテムの感想をチェックしてみた

ながら運転対策グッズとして人気があるアイテムの感想を見てみると、想像していたより使ってみたら簡単だったという声が多いです。

私もハンズフリーには抵抗はがあって使っていませんでしたが、実際に使ってみると簡単に操作できて怖いくらい便利でした。

 

カーナビやタブレッドなどを使うことができるハンドルリモコンは、操作が楽になったという感想が大半を占めています。

ハンズフリーのワイヤレスイヤホンは当たり外れがあるとのコメントが多く、安い物の中には使いづらいグッズもあるようですね。

 

他にも小説などを自動であ朗読してくれるアプリもあるので、これでしたら運転しながら本を楽しむこともできて好評です。

私も初めてワイヤレスイヤホンを2000円くらいで購入したとき、相手側の声が全く聞こえなくて買い替えた事がありました。

 

ながら運転は厳罰化されたことでグッズの売上が伸びるのは確実なので、今後はより使いやすいグッズが次々出てくると思います。

少し話しが脱線しますが2019121日から厳罰化されたことを、知らない人も多いのではないかと身近でも感じます。

 

もっと国としてテレビCMなどで周知徹底するべきですし、マスコミも報道が少ないのではと疑問に思う部分もありますね。

逆に考えれば企業側にとっては厳罰化したことで大きなビジネスチャンスに繋がるので、何とも皮肉な話しだなと個人的には思いました。

ながら運転は「警察に捕まるから気を付けよう」という意識からでも、とにかく違反しないことが大前提ですね。