ながら運転厳罰化の内容とは?どこまでが違反?罰金 免停 点数についても

便利な世の中になってきた反面、交通取締法が厳しくなってきました。

ここでは、ながら運転の厳罰化の内容はどのような内容なのか。

また、

違反をした場合の罰金や減点そして免停についても紹介していきます。

ながら運転とは?厳罰化の内容を詳しく

ながら運転の厳罰化が201912月から施行されましたが、ながら運転とは何なのかを再確認したいと思います。

 

ながら運転とは自動車や自転車を運転中にスマホなどを見ることで、何かを見ながら運転する行為はながら運転に該当します。

 

また飲食しながらの運転やカーナビを見る行為も罰則の対象になるので、少しだけと思ってよそ見をしただけでも道路交通法に違反する可能性が出てきます。

 

携帯電話で話しながら運転する行為はもちろんNGですが、携帯電話に相手から電話がきて画面を確認することもグレーになりかねませんね。

 

すでに携帯電話などで通話しながら運転する行為は罰則強化されていますが、正直なところ通話して運転している人が多いのが現状だと思います。

 

ながら運転をしないようにするには基本的に運転中は前だけを見続けること、何かを見る時は路肩に停車するのが確実ですね。

 

気になる厳罰化したことで今までより3倍近く内容が厳しくなり、反則金18,000円で違反点数は3になりました。

 

確かに厳罰化したことで一定の抑止力は働くにしても、どのように取り締まるかによって厳罰化した意味が薄れる気もしますね。

 

取り締まる側も動画で証拠を残すなどの対応をしないと、ながら運転の解釈の違いで捕まえてもトラブルになると危惧します。

 

あくまで私の意見ですが急に厳罰化するのではなくて、まずは注意する期間を数ヶ月くらい設けて運転者に周知徹底するのが賢明です。

 

ながら運転が広く周知徹底されているとは思えないので、あまりに拙速な厳罰化施行で問題が起きるのは間違いないと思います。

どこからどこまでが違反?どうやって取締るのか

ながら運転と聞くと「スマホを見ながらテレビを見ながら」をイメージしますが、どこから違反になるのか気になるところです。

 

ちょっと何かを見ただけで違反になってしまうとすれば、多くの人が違反になってしまうのが現状だと思います。

 

これは違反なのかという微妙な部分を検証していきますが、まず運転中に喫煙する行為も違反になってしまいます。

 

また信号待ちなどで停車している時にスマホなどを見る行為は、ながら運転には該当しないようですが注意が必要です。

 

飲食しながら運転することも違反になってしまうので、基本的に運転中は飲んだり食べたりする事は控えた方が無難ですね。

 

私の印象は厳罰化の定義があまりにも厳しすぎると感じますし、極端過ぎて役所が決めた機械的なルールだなと率直に感じました。

 

そして核心部分の警察はどうやって取り締まるのかについては、スピード違反などど同じように道の影で警察官が目視で確認し取り締まります。

 

この目視で取り締まるというのが大丈夫なのかと不安になりますし、それぞれ警察官の解釈の違いが出ないかも気になりますね。

 

これだけドライブレコーダが広く使われるようになっているので、取り締まり方も目視でなく録画できるようにするべきだと思います。

 

警察としては取り締まり後に運転者と揉めた場合には、運転者のスマホなどの使用履歴を確認し証拠を裏付けるようですね。

 

違反が確認できても運転者が否認し続けた場合にでも、否認したままで違反切符を作成することが可能です。

Sponsered Link

罰金 免停 点数については?

次にながら運転してしまった場合の罰金や点数について、免停になってしまうのかを調査したいと思います。

 

運転中に携帯電話を見たりする行為は違反点数1点から3点に引き上げられ、6月以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

 

反則金については「大型車25,000・普通車18,000・二輪車15,000・原付車12,000となり、かなり厳罰化されたのは間違いない内容ですね。

 

2019121日から厳罰化されているので、ながら運転をしてしまったでは済まされない大きな罰金ですね。

 

当初は罰則を今までより5倍に引き上げる案も検討されましたが、最終的に3倍に引き上げることで決着しました。

 

ながら運転で事故を起こしてしまった場合は一発免停になるので、ながら運転の代償は従来よりはるかに重くなります。

 

ながら運転は年々増加し死亡事故も多発している状況なので、厳罰化によって歯止めがかけられるかが最大の焦点ですね。

 

何度も言いますが私が気になっているのは厳罰化された内容が広く認知されていないこと、あまりに急な施行のように感じてしまう部分です。

 

ただ飲酒運転は以前から厳罰化されながらも横行しているので、飲酒運転よりも日常的な見ながら運転は減るのか疑問が残りますね。

 

ただ間違いないことは今後は多くの人が取り締まられて、車を運転しやすい安全な社会に少しだけでも近付くのは間違いないと思います。

 

ながら運転することにより一瞬にして人生を台無しにする可能性があり、事故を起こしたら自分だけでなく相手も苦しみ続けることになります。

 

ながら運転の罰則が強化されましたが一人一人が運転する意識を高く持つことが、何より重要な事ではないかと改めて思います