2017年、日本は借金大国と言われていますが借金の総額は1,000兆円を越えていて、世界中を見渡しても断トツの借金を抱えている国といわれています。

 

日本の借金は日々ダルマ式に増え続けていますが日本人1人当たり850万円分の借金を抱えていることになりますが、日本の今後がどうなってしまうのかが心配になります。

 

そもそもなぜ日本は莫大な借金を抱えてしまったのかや、この借金は本当に日本にとって危険な借金なのかなど原因を調べて見たいと思います。

Sponsered Link

 

日本が借金大国になった原因は何!?

世界の国の借金ランキングで断トツの1位を独走している日本ですが、1秒あたり60万円もの借金が膨らんでる計算ですが、想像もできない莫大な借金総額です。

 

1,000兆円もの借金を日本が全額返済するまでに時間はどのくらいかかるかを考えるだけでも頭が混乱しそうですが、膨れ上がった借金の原因は何なのかです。

 

そもそも日本はどこから借金をしているかですが、簡単に言うと日本の国が国債という手形を発行していて、その手形を日本の銀行や個人が買うことで国にお金が入るという仕組みです。銀行などは国債を買うために日本国民が銀行に貯金しているお金を使って国債を買っているので、日本の国が日本国民に対して借金をしているということになります。

 

借金が増えてしまった理由のひとつには、日本の政治が昔から無駄遣いをし続けてきたこともありますが、高齢化が進んで税収が減る一方なのも要因として考えられますね。

 

今現在も国の予算を決めるときに足りない分のお金は国債を発行して、日本国民に国が毎年借金をしているという健全とは到底言えない財政状況です。

Sponsered Link

 

日本の借金1,000兆円はどこから?借金は実は嘘!?大丈夫なのか

日本の借金は約1,000兆円といわれていますが、これだけ莫大な借金を抱えている日本が破綻してしまうのは時間の問題かと心配になるところですが、すぐに日本が破綻してしまうということはなさそうです。その理由のひとつとして考えられるのは、日本の国が借金をするために発行している国債を保有しているのは、ほぼ日本人だということが大きいですね。

 

もうひとつは日本国民の総資産は1,400兆円あると言われていますので、国債を発行した総額の900兆円より上回っているということです。極論ですが日本が破綻してしまう危機に陥った時に、日本国民全体で国の借金を返済する気になったら借金は今のところ完済できると考えられるからです。

 

日本の円は世界でもとても信用されている通貨というのも大きな要因だと思いますが、日本の国は世界の国々にお金を貸しているので、いざとなったら貸しているお金を返済してもらったら破綻は免れるのではと思います。

Sponsered Link

 

借金大国の日本の問題を解決する将来像を考える

日本の国は借金総額が1,000兆円あるといっても、日本が破綻しないのなら今のままでも問題ないとも思いそうですが、膨らみ続けている借金は大きな問題です。

 

戦後めざましい経済成長を遂げてきた日本ですが、ほころびも確実に出ている印象ですが、ダルマ式に膨らむ借金を抱えているなかで将来像を考えてみたいと思います。

 

日本の借金は1,000兆円あるとも言われていますが、実際は国の資産を差し引くと400兆円とも言われているので、あまり心配しすぎるのも問題だと指摘している専門家もいます。

 

しかし毎年の予算編成で歳入より歳出の方が多いのは異常だと思いますし消費税増税も延長していますが、1日も早く消費税を増税して国の借金返済に充てるべきだと思います。

 

Sponsered Link

日本の借金額を考察してみて

豊かな国と言われる日本ですが、その影では膨大な借金を抱えていることは周知の事実だと思いますが、実際のところ日本国民はあまり実感がないかもしれません。国が膨大な借金を抱えているといっても、日常生活で何ら私たちが不自由することもなく様々なサービスも受けられてますから借金大国の実感は湧かないですよね。

 

しかし日本の将来が安泰という訳ではないですし、少子高齢化が進む現状では国の財政がますます厳しくなって破綻してしまうリスクは排除できませんね。日本国民も増税などに反対するだけではなくて、痛みを伴う覚悟を持つ時が迫っているのかもしれません。

Sponsered Link