サザエさんのスポンサー料は?都市伝説がヤバい!エンディングの歌の秘密

国民的テレビアニメといえば日曜日夜に毎週放送される「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」が有名です。サザエさんは1969年からテレビ放送を開始して48年を迎えます。サザエさんをCMのスポンサーとして支え続けてきた東芝が存続の危機を訴えていてサザエさんのスポンサーを降板する方向で話が進んでいます。

 

気になるのがスポンサー料です。日曜日のゴールデンタイムのスポンサー料は、いくら位かかるのでしょうか。東芝が降板したあとの今後はどうなるのか。スポンサーの候補として名乗り出たのは高須クリニックの高須院長です。実は大のサザエさんファンだとか。それでは探っていきましょう。

「サザエさん」東芝のスポンサー料は?

サザエさんのテレビ放送されている時間帯はゴールデンタイム。曜日は日曜日となっていてサザエさん症候群となるほどの人気テレビアニメです。スポンサー料金は月間7,000万円で年間で8億円越えと言われています。

 

東芝は、1,100億円の赤字とされているので、サザエさんのスポンサーとして継続を仕方なく断念したそうです。サザエさん=東芝のイメージが強いのでちょっと残念な気持ちがしますね。

 

東芝のスポンサー降板後の候補は?

来年3月に東芝がスポンサーを降板する意向を示しましたが、今後のスポンサー候補に高須クリニックの院長が名乗り出ました。

 

電通とフジテレビにすぐに連絡した。高須グループのハウスagencyと値段交渉開始なう

スポーツ報知より引用

高須院長はスポンサー契約の意欲が高いのは

「子供のころから見ていて好きなの。今の時代には合わないちゃぶ台とか割烹着とかがあって、思い入れがあるんです」

好きな登場人物は波平で、

「あの感じが好きなの。頑固で筋を通しているでしょ。ボクは筋を通す人が好きなんです」

スポーツ報知より引用

子供の頃からサザエさんファンだったんですね。もしスポンサー契約が成立したらどのように放送されるのか楽しみですね。アニメ化された高須院長とサザエさんが登場する画面も悪くはないですね。

Sponsered Link

サザエさんの都市伝説がヤバい

サザエさんの都市伝説は有名ですが中でもヤバい都市伝説をピックアップしました。

・タラちゃんの妹役でヒトデちゃんという登場人物がいた。

原作で10年後に妹のヒトデちゃんが生まれる設定となっていたが、テレビアニメでは登場人物の年齢がそのままの設定の為ヒトデちゃんの登場はないままとなっています。

 

・波平は実は再婚で、サザエさんの母はフネではなく前妻の子供だった。

波平は前妻と死別していて後妻であるフネとサザエさんには血縁関係がないと言われています。たしかにカツオとサザエさんは13歳の年の差があるので納得がいきます。

Sponsered Link

エンディングの歌とジャンケンには秘密があった

エンディングの歌の歌詞である「お~おきな空を~ながめたら~♪」と始まるのですが実はエンディングのテーマは3番まであり、「大きな空を~」で始まる歌詞は2番だそうです。なぜ1番を使わないかというと1番は「2階の屋根を~」で始まるのでテレビアニメの設定と違う為らしいです。

 

そしてサザエさんのエンディングの定番『ジャンケン』には必勝法がありました。それはエンディングでサザエさん一家が飛び込む家の煙突から出る煙のかたちで何がでるか決まっていました。ご存知でしたか!?

 

煙突の煙が「輪っかだとグー」「ニョロニョロの雲だとチョキ」「何も出ていないとパー」となっています。

 

まとめ

国民的アニメのサザエさんのスポンサーが変わるかもという事ですが、アニメの内容自体には変化はみられないので安心です。これからもサザエさんを観ると日曜の夜で、明日から仕事だ~と思う方もいるのではないでしょうか。

 

以上です。ありがとうございました。