あおり運転厳罰化の内容とは?どこまでが違反?罰金 免停 点数についても

2019年はあおり運転の話題がたくさん取り上げられました。

車の運転は日常生活において必要不可欠の存在といっても過言ではありません。

ここではあおり運転の厳罰化の内容と違反について紹介します。

また、どのように取り締まれるのか気になるところではないでしょうか。

あおり運転とは?厳罰化の内容を詳しく

あおり運転がは車を運転する方なら恐怖を経験した方も多いと思いますが、近年ではあおり運転によって死亡事故も発生しています。

 

私も営業の仕事で車を運転する機会が多いこともあり、あおり運転されることは残念ながら厳罰化が話されてからも減っていません。

 

あおり運転をしている人は恐怖を与えているという自覚がないことが多く、無意識であおり運転をしているのが実情だと思います。

 

今まではあおり運転に対して明確な罰はなく曖昧な部分もありましたが、厳罰化で直ちに免許取り消しになる可能性が高いですね。

 

来年の通常国会で道路交通法改正案が提出される流れで、道路交通法にあおり運転が明記されスピード違反よりも厳罰化されます。

 

免許取り消しと暴行罪(2年以下の懲役もしくが30万円以下の罰金)、さらに高速道路でのあおり運転はより罪が重くなります。

 

現行法ではあおり運転の決まった定義はなかったので、あおり運転を取り締まるには道路交通法の車間距離保持義務違反や暴行罪で摘発してきました。

 

また同じあおり運転でも(著しく交通の危険を生じさせた場合)には、5年以下の懲役または100万以下の罰金など厳しい罰則が検討されています。

 

現行の道交法では車間距離保持義務違反の違反点数は、「高速道路2点・一般道1点」ですが、あおり運転の違反点数は15点で直ちに免許取り消しになります。

 

あおり運転で免許取り消しという厳しい罰則になれば、かなりの抑止力が働きあおり運転は減少するのではと思います。

 

ただ厳罰化したことで大きな抑止力にはなると思う反面、あおり運転をなくす根本的な解決法に至っていないとの指摘もあります。

Sponsered Link

どこからどこまでが違反?どうやって取締るのか

あおり運転は前方を走っている車との車間距離を縮めて、相手があおられてると感じればあおり運転ということになります。

 

スピード違反などと違い明確な違反基準がないとも言え、どう取り締まるのかが最大の問題なのは間違いなさそうですね。

 

一概に車間距離が短くなったから即あおり運転と判断できるものでもなく、ドライバーがあおり運転を意図的にしていたかもポイントになります。

 

どうやってあおり運転を取り締まるのかについては、201861日~7日までの1周間で全国であおり運転の一斉取り締まりが行われました。

 

わずか1周間で車間距離保持具無違反での検挙数は約1000件と、かなり多く検挙されたという印象が強いです。

 

ただ気を付けたいのは約1000件の検挙が全てあおり運転ではなく、あおり運転に繋がりかねない行為も取り締まったということですね。

 

どうやって取り締まるのかは覆面パトカーなどで近くで目視や、上空からヘリコプターなどで確認し地上の警察に通報するケースもあるようです。

 

さすがに上空から監視もプラスすれば検挙率は上がるのは確実ですが、日本全国でヘリコプターを使って取り締まるのは現実的に不可能です。

 

あくまで私の意見ですが取り締まり方は警察官のさじ加減の部分も大きく、ここからがあおり運転と明確に判断するのは困難ではないかと思います。

 

確実にあおり運転をトラブルなく取り締まるためにも、警察の方もあおり運転の対象車を録画してほしいところです。

 

あおり運転が厳罰化され取り締まりが本格化してみないと、取り締まり方法もハッキリしないのではないかと思いますね。

 

罰金 免停 点数については?

20176月神奈川県ん大井町の東名高速道路上で、あおり運転によってワゴン車に乗っていた夫婦が命を落とした事故は記憶に新しいところです。

 

あおり運転の罰則が強化されるきっかけにもなった事故は、もはや事故ではなく事件と言って間違いありませんね。

 

厳罰化によってあおり運転は直ちに免許取り消しになりますが、罰金については明確な金額は決まっていないようです。

 

現行の罰金は最高でも5万円以下の罰金ですが、厳罰化によって最低でも罰金50万円以下になるのは間違いないと思います。

 

罰金を多くして成果を上げたのが酒気帯び運転で、罰金や罰則が強化されてからは酒気帯び運転は減少しましたね。

 

いつも思うことは日本は何か重大な事故や事件が起こってから、厳罰化しようという傾向が強く対応が遅い印象もあります。

 

あおり運転は重大な事故に繋がるばかりでなく、あおられてる相手側は想像以上に恐怖に感じる危険行為です。

 

しかしあおり運転されないように心掛けることも大切で、法定速度以下で走る行為なども問題だと思います。

 

罰則を強化しないと違反が減らない現状も情けないところでもあり、あおり運転をしていると自覚してもらう必要が絶対にあります。

 

あおり運転で直ちに免許取り消しについては賛同する意見が多く、罰金についても厳しくしてほしいとの意見が圧倒的に多かったです。

 

日本社会全体であおり運転の危険性をもっと理解し、酒気帯び運転のように絶対にしてはいけない行為と認知させることが先決だと思いましたね。