以前テレビ放送していた『ゆとりですがなにか』のなかで出てきた【おっさんレンタル】はご存じでしょうか。ただただおっさんをシンプルにレンタルするということですが、実際にリアルな現実で実用性はあるのか。と疑問が残ります。

 

そして今度は【おばさんレンタル】【ウーマンレンタル】というのが出てきて話題になっています。はたしてどんな人がレンタルするのか。魅力はあるのか、給料(時給)が良いのか。感想や評判を探っていきたいと思います。

 

Sponsered Link

 

【おばさんレンタル】【ウーマンレンタル】の魅力は?

↑  ↑  ↑ こちらがサイトになります

 

CDやDVDのレンタルと違い人間が人間をレンタルするというのは普通に考えればありえないことです。まったくの知らない人と待ち合わせして会って〇〇するということですから、よっぽどの暇人がすることなのかと思いきや、知らない人だからこそ同士の魅力がありました。

 

その前に、ウーマンレンタルを少し紹介しますね。名前の通り、女性をレンタルできるシステムで登録している女性の年齢はおもに20代~50代が中心です。女性たちも登録料をきちんと払っている人が在籍していて様々なジャンルの女性がいます。

 

 

そしてユーザー側ですが、ウーマンレンタルに登録している女性(おばさん)をサイトの中で探して選んで、時給制で雇うという事です。時給は登録している女性側が決めることができ、登録している女性側にとっては便利なパートのような役割でしょう。

 

ここで注意が必要ですが、ウーマンレンタルってデリヘルと同じじゃないの!?と思ったあなた!性目的でのレンタルウーマンではないのであしからず・・・

 

それでは話を戻しますね。

 

ウーマンレンタルの魅力についてですが、ウーマンレンタル側の登録者はいろいろな種類の人というかジャンルの人が在籍していて、主婦やOLなどが主ですが職業のジャンルはバラバラです。ここにポイントがあって、歳が同じでも、それぞれスキルも感情もセンスも性格も全く異なった人たちがいるので、ユーザー側のニーズに合った人を選ぶことができるのが魅力のひとつです。

 

それだけ??って思うでしょう。

 

ここからが本題です。本当の魅力は、普段誰かに話したい悩みごとや相談事を知人に話すことができない人や、知らない人だからこそ話せることって誰だって1つや2つ、かかえてると思うんです。

 

そんな時にこのウーマンレンタルを使ってユーザーの悩みや相談事を第3者目線で聞いてもらえるのが魅力でしょう。それに最初にユーザーが自分で選ぶ女性なので、会って顔を合わせて話したり行動したりと、ただネットのなかでチャットで話すだけの関係ではないので親身になってもらえるところもお互いにメリットはありますね。

Sponsered Link

ウーマンレンタルをしてみた感想は?評判は?

 

青森から東京に遊びに来ていた女子大生。会って自分に似合うファッションやメイクを教えて欲しいという素直なリクエストに、なんて素直な子なの?見ず知らずの人にそんなふうに聞けるなんてとすでに感動。

なんでレンタルしようと思ったの?と聞いたら「青森にいるとなかなか新しい出会いがないし、知らない世界を知れるって面白いですよね」

livedoor.comより引用

 

 

20代前半なのにすでに1児の母。見た目も今っぽい。待ち合わせをして一緒にランチ。その後、デパートでコスメや洋服をウィンドーショッピングしながらブラブラ。幼稚園のママたちから変な目で見られている話や旦那さんの話、将来の悩みなどをつらつら聞いて時にアドヴァイスをしたり。

近くのママ友には話せないけれど、知らない私だからこそ話せる話もあるんだなぁと実感。

livedoor.comより引用

 

周りに話せないことや今この時間に話したいことがある時に自分の時間で有効に使えるのは良いですね。

Sponsered Link

話題性はあるけど需要はある?

 

 

おっさんレンタルも一時話題になりましたが、需要はいまいちでした。そして今度はおっさんではなく、おばさんレンタル。レンタルをする側はデリヘルと勘違いしてレンタルしてしまう危険性もありますね。

 

本当の悩みや相談をマジメにしたい人にとっては嬉しいサービスだけど、女性のリスクを考えると評判はまだまだで今の社会に浸透するのには問題があります。

Sponsered Link