日本の大相撲が人気回復した理由は?スー女が人気回復のカギ!?

日本の大相撲が人気回復した理由は?その原因を探る

 

最近では大相撲が人気沸騰チケットを入手するのも困難なほどですが、かつては不祥事が続いて存続の危機とまで言われていました。

 

久々に稀勢の里が日本人横綱になって相撲人気に拍車をかけた感じですが、近年の相撲人気は稀勢の里フィーバーだけではないようです。

 

大相撲人気が回復した要因は何なのか、また力士や相撲協会の意識改革はあったのかを調べて行きたいと思います。

 

 

大相撲に続いた衝撃の不祥事とは?

今では人気回復している大相撲ですが、一昔前は不祥事続きで激震が走ったのは記憶に新しいところですね。

 

2010年に発覚した野球賭博問題では、多くの力士が賭博に手を染めていたことが発覚して一部の関取は解雇され、複数の力士は謹慎処分となる異常事態でした。

 

この野球賭博の捜査をの過程で力士の携帯電話を調べたところ、複数の関取が八百長に関与していた疑いが強まり、3月に開催される春場所が中止になるほどの異常事態でした。

 

前年の野球賭博の激震冷めやらぬ内に、八百長という決してあってはいけない背信行為が行われていたのはファンならずともショックでした。

 

ただ大相撲の世界では以前から八百長の噂は絶えませんでしたし、15日間の取組野のなかで8勝したら勝ち越しで番付があがりますが、7勝7敗の力士が15日目に勝つことが多く八百長ではという疑いは今でも根強くあります。

 

他にも親方が弟子を指導と称して暴力を加えていて、亡くなってしまった力士もいて大相撲はドン底の低迷期に陥りました。

Sponsered Link

 

大相撲の人気回復の要因といわれるスー女とは?

大相撲と聞いてイメージするのはおそらく、年配の方が大好きです若者は敬遠しがちという印象を持っている人も多いと思います。

 

私も幼い頃から相撲観戦が大好きでしたが、周りの同年代で大相撲を見ている人はいなくて寂しい思いをした経験があります。

 

相撲人気は若貴フィーバーの時が人気の最高潮で、正に大相撲バブルといった感じでしたが、しばらくは人気低迷で不祥事も続きファン離れが深刻な問題でした。

 

しかし最近の大相撲人気の要因のひとつに、スー女の存在は欠かせないと思いますが、このスー女とは相撲が好きな女性のことですが、若い女性も大相撲観戦している光景は昔では考えられないことでした。

 

プロ野球の広島カープも、カープ女子なる女性ファンが今までの広島カープのイメージを変えたといっても過言でないと思いますが、大相撲も女性ファンが増えることで新しい発見もあり喜ばしいことだと思います。

Sponsered Link

 

大相撲の人気回復の裏に力士のファンサービスへの意識改革

大相撲は日本の国技ですが、古き良き伝統を守りつつも力士のファンサービスは閉鎖的な一面もありファンとの距離感はあった印象でした。

 

しかし一連の不祥事発覚後に親方や力士が積極的にバラエティ番組などにも積極的に出演して新たなファン層の開拓や、今までわからなかった力士の素顔が垣間見れて人気回復に一役買ったのは間違いないところです。

 

また今までは事務的な内容だった公式ツイッターも内容を一新して、より力士のプライベートがわかるような内容にしていたりと、相撲協会の意識改革も着実に進んでいるようです。

 

この意識改革の立役者と言ってもいい存在が、相撲協会の職員の女性の存在があるようでしたが、以前は親方の意見以外は聞き入れられない雰囲気でしたが、最近では若い女性職員の意見も通ったりと、風通しが良くなってきた相撲協会と言えますね。

Sponsered Link

 

大相撲の人気回復のまとめ

 

最近の大相撲の人気沸騰の要因などを調べてみましたが、相撲協会職員や力士が一丸となって相撲の魅力を伝えようと努力のたまものです。

 

決して忘れてはならないのが、不祥事続きの窮地の中で奮闘した外国人力士の存在ですが、今はどこか悪役のような存在になっているような気もして、相撲人気の影で少し心配な感じがします。

 

横綱の白鵬関は時に批判されることもありますが、異国の地で横綱にまでなって数々の歴代記録を塗り替えているのは本当に素晴らしいですし、白鵬関がいたからこそ大相撲は耐えしのぐことができたといっても過言ではないと思います。